記事

“個人力”を引き出す裏側には“チーム”あり!――卓球 平野選手と、アーチェリー蟹江選手が語る 初のメダル獲得に繋がったチームの力とは

1/2
11月26日(いいチームの日)に開催された「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」
第5回となる今回は、新たに「スポーツ部門」を設け、ロンドン五輪でチームワークを発揮し、輝かしい実績を残したメダリストチームが受賞しました。

ロンドン五輪で初のメダル取得の快挙を遂げたアーチェリー女子団体、卓球女子団体から、蟹江美貴選手と平野早矢香選手に、個人と団体の違いやチームワークを発揮するための重要なポイントについて、お話を伺いました。

画像を見る

授賞式での アーチェリー 蟹江美貴選手(左)と、卓球 平野早矢香選手(右) お二人ともミキハウス所属です。

選手から見たオリンピック そしてそこへ向かうプロセス

ロンドン五輪では、団体戦でのメダル獲得が目立ち、卓球とアーチェリーは、史上初となるメダル獲得でした。北京五輪と比べて、環境や決意の面で大きな変化があったのでしょうか。

画像を見る

画像を見る

卓球は、北京の時点で世界ランキングは5位。つまり、自分たちの力以上に戦わなければメダルに届きませんでした。しかし、ロンドンでは、強豪の韓国、シンガポールよりもランクを上げ、世界ランキング2位で臨めました。
また、決勝まで中国と対戦しない第二シードを獲得できたことが追い風となり、メダル獲得に繋がったのかもしれません。

気持ちに余裕があったこと、追い風があったことが相乗効果を生み出したんですね。

画像を見る

画像を見る

福原選手も「今回メダルを逃したら一生ない」と言っていたのですが、追い風が吹いたことで気合いが入り、チームメンバーの勢いも例年にないほど高まっていました。

画像を見る

日本女子シングルスの優勝回数は5回。チームの中では、第一線での活躍歴の長い平野選手

アーチェリーはいかがですか?

画像を見る

画像を見る

アーチェリーは、2011年の世界選手権の際にオリンピックの出場枠がとれると考えられていましたが、惜しくもとることができませんでした。私と川中選手はここで一度オリンピックの出場を諦めました。
しかし、オリンピックの直前、6月にアメリカで開催されたワールドカップの3位決定戦で逆転勝利し、出場枠を獲得しました。

オリンピックへの出場が直前で決まった。

画像を見る

画像を見る

一度諦めた悔しさがバネになり、底力のあるチームで挑むことができました。ワールドカップの練習も含めると、3月から8月までの長い期間、チームで試合に挑み続けたのも大きいですね。

オリンピック以外にも、世界選手権や各種試合があると思うのですが、オリンピックはやはり雰囲気が違うものですか?

画像を見る

画像を見る

卓球は、ひとつひとつの試合が世界ランクに影響する、つまりオリンピックにも影響するので落とすことができません。オリンピックはいままで積み上げてきたものを出す、思いきり戦える場ですね。

画像を見る

基本的に世界選手権などの試合は、アーチェリーの選手しか集まりません。
オリンピックは他の競技の選手も集まり、まさに「スポーツの祭典」です。勝負の場であると同時にどの選手も「この場を楽しもう」とする空気がありました。

オリンピックよりも、普段の試合のほうがシビアなんですか?

画像を見る

画像を見る

世界ランクを意識している分、シビアと言うよりも、気負いがあると感じます。オリンピックは、そこでしか味わえない緊張感に加え、この楽しさをもう一度経験したいと思えるものがあります。そういう気持ちがプレイをより高い位置に持ち上げてくれ、アウトプットにも繋がるのではないでしょうか。

画像を見る

私は緊張しなかったのですが、オリンピック独特の緊張感で弓が引けない選手もいらっしゃいました。他国の選手や他の競技の選手が近くにいることが、世界選手権とは異なる緊張感を生みますが、同時にそれぞれが持つ“スポーツへの想い”を感じることができ、“安心感”や“楽しさ”もある。それがオリンピックならではの魅力だと思います。

画像を見る

終始笑顔でお話してくれた蟹江選手。オリンピックでも緊張しないそのマイペースさを少し垣間見れました。

“仲間”の存在が安心感に繋がる

個人と団体にはどのような違いがありますか?

画像を見る

画像を見る

アーチェリーの団体戦は、1試合につき4ラウンドがあり、それぞれ2分の制限時間が与えられます。この時間内に三人が撃たなければいけない。
メンタルが要求される競技なので、撃つ順番が顕著に点数に影響を及ぼしてきます。
普段は声かけやアドバイスを自分自身で行っていますが、“仲間”がいることで客観的なヒントをくれる。また、順番があることで、気持ちに余裕が生まれたり気合いが入ったりもします。

実際には一人で戦っているけど、仲間の存在がより高いアウトプットに繋がるんですね。

画像を見る

画像を見る

国内での練習は、私と川中選手は練習場が同じなのですが、早川選手の拠点は東京です。このため、三人が顔を合わせる合宿で猛練習を行いました。そして休憩も、テーブルとお茶を用意して思いきり行いました(笑)。
お互いを信頼し、メンタルを維持するため休憩も思う存分楽しむのも練習のうちです。これにより「あうんの呼吸」と言うんでしょうか、お互いが信じて任せ合える空気の「自分の力を発揮しやすい」環境ができ、結果にも現れたんだと思います。

会社でいう仕事と飲み会の関係と似ていますね(笑)。

画像を見る

画像を見る

皆さん個人戦で十分戦える力を持っています。団体戦では、その力をチームに取り込んで、最大限に発揮することが重要ですよね。誰かが緊張してしまうと全員にも影響してしまうので、信頼できる仲間と一緒である“安心感”がリラックスに繋がりました。
また、ロンドン五輪では試合中に失敗しても「ドンマイ!」「次なら大丈夫」のようなマイナスの励ましはありませんでした。「まだ上を目指せる!」といったプラスで励まし合うことでも、リラックスが維持できました。

画像を見る

蟹江選手の「お茶飲んで休憩~」のコメントに、思わず平野選手から、「お茶?アーチェリーってそんなに優雅なの!?」と突込みが。

卓球の団体では、いかがでしょうか?

画像を見る

画像を見る

卓球は、極端に言えばパッと集まったダブルスで戦わないといけません。ダブルスのペアは決まってみないと私たちもわかりませんので、常にお互いの特徴や技術を知っておく必要があります。
また、対戦相手についても特徴を熟知しておき、ダブルスの際には情報を共有・交換して、お互いがどう動いて欲しいかを確認して試合に臨みます。

少ない時間でもすぐに息が合うように常にお互いの力を知っておくんですね。

画像を見る

画像を見る

幸い卓球は年間の試合数が多く、他の選手と練習や生活をともにする機会も多くなります。対戦する相手も多く、経験値や相手の情報が貯まっていくので、その情報をもとに対応、対策を練り試合に臨んでいます。

相手の対策を研究する一方で、常に自分への対策も練られているということですね。

画像を見る

画像を見る

そういえば、ロンドンで面白いエピソードがありました。シンガポールとの団体戦で、私たちを含めて誰もが福原選手と私がダブルスになると考えていたのですが、福原選手と石川選手が組むことになりました。
試合前の練習時、シンガポールの選手は対福原・平野の練習をしていたのですが、福原選手と石川選手はあえて個人練習を行い、シンガポールの選手が去った後でダブルスの練習を行っていました(笑)

心理戦ですね(笑)。

画像を見る

画像を見る

卓球は試合が始まるまでオーダーがわかりません。
パッと集まったとは言え、事前に時間をとって、戦い方を考えておくことが重要なんです。“チーム”で臨むので、個人とは異なる緊張感と責任感が生まれます。
反面でベンチに「みんながいる」ことが安心感に繋がる。
選手相互の力や勢いが影響し合いながら、ベンチの力も借りて試合に挑む。
日本は特にこの団結力が試合時に最大限に出せるチームだと思っています。

画像を見る

1年の3分の2くらいは、海外遠征だという平野選手。常に自分の技や癖を見られる緊張感ってすごいですね。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  9. 9

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  10. 10

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。