記事

わいせつ教員等から子どもを守るために何ができるのか

1/2

 先週2月25日に予算委員会(分科会)で、萩生田文科大臣に対して、わいせつ教員等の欠格事由を厳格化する国民民主党がまとめた法案の骨子について提案、議論させていただきました。それ以降、与党でも議員立法を検討するワーキングチームが立ち上がるなど、動きが出てきました。政治の動かし方には様々な方法があると思いますが、精度の高い対案を出すことも、その一つだと思います。その意味で、国民民主党は「政策先導型」を続けます。

残念ながら、議員立法を性犯罪やわいせつ行為を犯す教員の数が高止まりしています。子供たちが安心して学べる場を保障するのが我々大人の、また政治家の役割であり、私も萩生田大臣と同様、性犯罪やわいせつ行為を犯した人は二度と教壇に戻らせるべきではないと考えますます。しかし一方で、憲法が保障する職業選択の自由や個人情報保護との関係で、そうした規制が簡単ではないことも事実です。ではどのような現実的な解決策があるのか?萩生田文科大臣と予算委員会で論議した概要を以下に掲載しましたので、ご一読いただければ幸いです。

◯玉木雄一郎

 大臣に伺います。まず、子供に対する性暴力、わいせつ行為を犯した者が、再度、子供に常時接する教師や、あるいは職種を変えて保育士などの職業に就くことについての大臣の基本的な認識を伺います。

◯萩生田文科大臣

 子供たちを守り育てる立場にある教員が子供たちにわいせつな行為を行うことは、断じてあってはならないことだと思います。文科省としては、これまでも各教育委員会に対して、児童生徒に対するわいせつ行為について原則として懲戒処分とするなど、厳正な対応をするよう指導してまいりました。

 文科省が昨年検討していた教育職員免許法の改正については、児童生徒等のわいせつ行為を行った教員が二度と教壇に立つことがないようにすべきとの思いを踏まえて、教員免許状の授与要件の厳格化を構想していたのでありますが、この問題については、教員だけでなく、保育士などの子供と日常的に接する職種に共通する課題であると考えております。

 政府全体においても、昨年12月に閣議決定さ れた第五次男女共同参画基本計画において、教育、保育施設等や子供が活動する場で働く際に、性犯罪歴がないことの証明を求めることを検討するなど、性被害防止に向けた環境整備を図る旨が盛り込まれており、文科省としても、こうした検討にも積極的に協力していきたいと考えているところです。

◯玉木雄一郎

 国民民主党は、保育士及び教員の欠格事由を厳格化するための法案の骨子をまとめました。党内での議論を更に深めるとともに、各党にも呼びかけ、閣法でできないなら議員立法で、与野党各党の理解を得て成立させたいと考えています。

 そこで、事務方に伺います。子供に対する性暴力を犯した者が、教員と保育士の間で資格を変えたり、あるいは他県に移ったり、あるいは姓や名前を変えることで再び子供に常時接する職業に就いた結果、再犯に至った逮捕事例を法務省お答えください。

◯竹内政府参考人

 お答えいたします。逮捕事例につきましては、法務省で把握しているものはございません。他方、再犯の状況に関する統計データとして幾つか分析しているものはあ るのですけれども、犯行時の職業に着目した分類 というところまでは行っておりません。そのため、委員のお尋ねのあったデータについては、法務省 としては把握をしておりません。

◯玉木雄一郎

 文科省は把握していますか。

◯義本政府参考人

 お答えいたします。報道で知り得た情報の限りということでございますけれども、御指摘のような事例につきましては、例えば、女子生徒にわいせつ行為を行って逮捕されて懲戒免職を受けた元高等学校の教員が、 その後、他の県の中学校の教員として採用されて、再び女子生徒にわいせつ行為を行って逮捕された事案があったりとか、あるいは、いわゆる児童ポルノ禁止法違反で逮捕された小学校の元教員が、 改名して、その上で他県の小学校の教員に採用されたところに、女子児童へ強制わいせつの容疑で 逮捕された事案ということについて、報道ベースでございますけれども、把握しております。

◯玉木雄一郎

 大臣、こういうことが起こらないようにする法改正、制度改正が今すぐ必要だと思いませんか。今あったような事案について、大臣、どうお考えですか。

◯萩生田文科大臣

 全くそのとおりでありまして、残念なんですけれども、名前を変えたり、あるいは、結局、今一定期間でバツが消えますので、再度免許の取得をして、そしてその上で再び現場に見えるということもございます。再犯率が非常に高いということも専門家からは言われていますの で、やはりこれは何としても止めるべきだと思います。

 私も閣法で何とか出したいと思ったんですが、先ほど先生も御披露いただいたように、憲法上の問題等々ありました。あるいは、やはり日本の矯正制度というのは、要するに、改心する、罪を償うということを前提に行っているので、じゃ、このわいせつ行為だったら駄目で殺人ならいいのかという極論にまで行ってしまいまして、そういう意味では、本当に壁にぶつかってしまったというのが正直なところなんです。

 ただ、手をこまねいているばかりではなくて、 今年から、向こう40年間、採用の検索リストに きちんとアクセスができるようにして、しかもそれは、今度省令の改正で、わいせつ行為によって 免許を失った、懲戒免職になったということも記載する予定でございますので、そういう意味では、いろいろな意味で追い込みをしながら、何とかそういう人たちに現場から出ていってもらいたい、 こういう努力をしていきたいと思っています。

◯玉木雄一郎

 今、大臣の口からも、再犯率が高いという話がありましたけれども、この再犯率について、特に小児わいせつ等についてはどうなのか、法務省、分かりますか。

◯竹内政府参考人

 お答えいたします。子供に対する性犯罪をした者の再犯の状況に関しまして、法務省が把握しているデータといたしましては、平成27年度に法務総合研究所が公表いたしました性犯罪者に関する特別調査というのがございます。この特別調査では、平成20年7月から平成21年6月までの間に性犯罪を含む事件で懲役刑の有罪判決が確定した者を対象といたしまして、その裁判の確定から5年以内の再犯の状況について追跡調査を行っております。その調査結果でございますが、裁判確定から5年以内に性犯罪の再犯に及んだ者の割合を、前の確定裁判における犯行の類型に応じて分析をしているものなんですが、被害者が13歳未満の強制わいせつ事件を犯した者の累計では9.6%、被害者が13歳未満の強姦事件、当時の罪名でございますが、強姦事件を犯した者の累計では5.9%となっております。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  6. 6

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  9. 9

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  10. 10

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。