記事

【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

■アメリカのスーパーマーケットではコロナ禍でシーフードがバカ売れしている。巣ごもりで健康志向が高まり、魚介類を購入する機会が増えているのだ。食品産業協会(The Food Industry Association:FMI)が発表したデータによると、シーフード売上の伸び率は精肉や青果を抑えダントツになっているという。

2020年の生鮮や冷凍に缶詰などの加工を含むシーフード売上は前年比で28.4%の増加となる166.3億ドル(約1.77兆円)でだったのだ。牛や豚などの精肉売上の増加率は同18.7%、野菜や果物の青果も同11.3%の増加となり、パンデミックでシーフードの成長が他を圧倒していることがわかる。

海鮮食品の製品セグメント別で成長が最も著しいのは冷凍シーフードで35.7%の増加だった。続いて生鮮シーフードが24.9%増、そして缶詰など加工シーフードの21.3%増となっている。

シーフードに限らず冷凍食品の売上は食品スーパーで伸びているカテゴリーだ。FMIによると冷凍食品は2020年、ほぼすべてのカテゴリーで二桁成長となっている。冷凍食品はドルベースで前年比21%の増加、数量ベースでも同13.3%の増加している。

アメリカで3大シーフードと言われているエビ、サーモン、ツナで見ると、エビがトップで前年比29.6%の増加、鮭が同24.7%増、マグロが同20.4%増となっている。魚介類別で最も成長しているのがカニで前年から60.2%の増加となり、ロブスターも同59.9%の大幅増となっている。

シーフードが消費者に好まれて購入されている理由は健康的な栄養価だ。より健康的に食事をしたいとの理由でシーフードを選んでいると答えた消費者は59%となり、素材にシーフードを入れることで料理の幅を広げたいと回答した44%を大幅に上回っているのだ。

巣ごもりで自宅で調理をする機会が増える一方、意識して健康的な食事を取ろうとする人が増加中といえるのだ。

シーフードには有用な生理機能が多数報告されており、積極的な摂取が奨励されているオメガ3脂肪酸(omega-3 fats)が多く含まれている。

シーフードは健康によいといった情報が消費者に浸透していることで魚介類の売上を押し上げているのだ。

またコロナ禍でレストランが閉鎖していることも食品スーパーで海鮮が売れている要因にもなっている。

全米レストラン協会 (National Restaurant Association)によると、11万軒以上のレストランやバーが昨年、少なくとも一時的に閉鎖された。

寿司などを提供する日本食レストランも例外ではなく閉鎖により売上が大きく毀損したのだ。寿司バーがある小規模経営の日本食レストランはテイクアウトや宅配でなんとか生きながらえている一方で、チェーン系レストランは破綻している。

レストランの閉鎖で寿司を購入できなくなった消費者は食品スーパーに行って今まで以上に寿司を購入するようになっている。

調査会社ニールセンによると、食品スーパーでの寿司売上は今年1月、前年同期比で23.2%の増加となっている。

ロサンゼルスにある高級スーパーのエラワンマーケット(Erewhon Market)では1日、3,000ドルの寿司が売れているという。レストランが閉鎖されたことでパンデミック前に比べて10%増加しているのだ。

ジョージア州など123店舗を展開する食品スーパーのフードシティでは高まる寿司需要に寿司職人の数が足りないという。アメリカの食品スーパーでは寿司を握ったり巻いたりすることがお客にアピールするためどうしても専用の寿司職人を必要としているのだ。

コロナ禍でシーフードがバカ売れし寿司の需要も高くなっている。寿司はアメリカの国民食としての地位を盤石にしつつあるのだ。

トップ画像:中年米系スーパーマーケットにある寿司コーナー。引きで見ると寿司には見えないのがアメリカン。スパイシー・ツナロールにソフトシェルクラブをつかったドハデなスパイダーロールなど、日本人からすれば「どうよ!」となる疑問符的シースーだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。日本人からすれば「鉄火巻きのマグロに辛子マヨネーズが和えられているスパイシー・ツナロールやマンゴーのスライスしたものを海苔の代わりに載せたマンゴーロールなど、あんなの寿司じゃない」という声も聞こえてはきます。が、アメリカのどの食品スーパーに行っても(カリフォルニアロールを含め)アメリカンな寿司は置いてあります。全米に展開するチェーンストアやアジア系のスーパーマーケットは無論、中年米系の食品スーパーにも肉料理のカルネ・アサーダやソーセージのチョリソ、豚肉のカルニータスなどに寿司が並んでいます。

ウォルマートも本社近くのスーパーセンター・ロジャース店に昨年9月、「必勝寿司&クラフト・ビア・バー(Hissho Sushi & Craft Beer Bar)」をオープンしました。以前までハンバーガーやBBQ、タコスを販売していたテナントの代わりに入店したのです。で、ミレニアル世代など若い人を中心に寿司はブームを超えて、アメリカの国民食だと思っているはず。

ラーメンが次の国民食候補ですが10年後、マヨが入ったシーフード・ラーメンとかできそうですね。

あわせて読みたい

「寿司」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  4. 4

    井上清華アナは90万円分…フジ女子アナが申告した“美容室ステマ”驚きの回数 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    04月21日 17:57

  5. 5

    橋下徹「吉村知事に猛批判を浴びせるコメンテーターに言いたいこと」

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:11

  6. 6

    なぜ日本は海外ワクチンの調達が遅いのか

    舛添要一

    04月21日 11:50

  7. 7

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  8. 8

    「キャディーも頭を下げるなんて」松山選手の優勝にアメリカ人が感動したワケ

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:08

  9. 9

    コロナワクチン接種という初めての医療 対応に油断は禁物

    中村ゆきつぐ

    04月22日 08:17

  10. 10

    「参院広島再選挙」後、被買収議員の起訴は確実!「政治×司法」の権力対立が発端の「激震」が続く

    郷原信郎

    04月21日 11:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。