記事

すごいね、まるでピンポン玉だ!

先週の金曜日には、1000円を超す棒下げを見せたかと思いきや、今日は600円前後の戻しときた。

日経平均株価が、まるでピンポン玉のように大きく下げたり、跳ね上がったりしている。

おそろしく派手な値動きであるが、個別企業の株式が激しく売られたり買われたりした結果というわけではない。

上場企業の株式をひとまとめにしてインデックス表示した価格が、ピンポン玉のように跳ね回っているだけのこと。

これは、世界的に年金運用などを中心にして機関化現象が進み、預かり運用資産も巨額化した。

巨額の運用資金をいかに効率的に運用するかで、スルスルと躍り出てきたのが、インデックス先物の売買である。

個別株の売買と違って、インデックスという指標を追いかけるだけだから、どんなに巨額の資金でも対応できる。

これはいいということで、最近ではインデックス先物を主体とした株式投資が、日米の株式市場売買高の80%とか85%を占めるようになっている。

そうなってくると、機関投資家の間では個別株投資などはまったくといっていいほど眼中になくなる。

それよりも、ひたすら平均株価に影響を与えやすいマクロ指標に神経をとがらす。

そのひとつが、長期金利の動向である。 長期金利が上昇してきたということで、先週は派手に売られた。

今日になって、長期金利の上昇が一休みということで、今度はすさまじい買い戻しだ。

年金といった大事な資金の運用が、こんなドタバタ売買の繰り返しで、果たしていいんだろうか?

それも、金融バブルに乗って青空天井で買い上がってきた株価の高値もみ合いを、ドタバタ売買しているのだ。

ずっと、こんな金融バブルは一刻も早く崩壊した方がいいといってきているが、年金など機関投資家運用の無責任さにも警鐘を鳴らしている。

このバブルが崩れたときには、年金などの資産急減も大きな社会問題となるのは必定。

世界の機関投資家の多くが、ディーリング運用にシャカリキとなってきた咎めだ。

まあ、われわれ本格派の長期投資家は世のバブル指向とは一線を画した、地に足のついた運用に徹しよう。

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  2. 2

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  3. 3

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  4. 4

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

  5. 5

    【ウォルマート】、戦友マクドナルドと決別!コロナ禍でそれぞれの成長ベクトルが乖離?

    後藤文俊

    04月10日 09:11

  6. 6

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  7. 7

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  8. 8

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  9. 9

    東京出身者が語る、東京暮らしのしんどさ「人口密度と満員電車は異常」

    キャリコネニュース

    04月10日 15:18

  10. 10

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。