記事
  • ヒロ

いつまで続く日本の中央集権

江戸260年をどう評価するか、人によりいろいろだと思います。少なくとも学校で習った江戸時代は天下泰平で文化が進み、町民まで文字や学問が行き渡り…といった非常に良い点がフォーカスされていた記憶があります。私は日教組支配下の教育を受けたから当然の方向性であります。

どう評価するか、ですからよい面、悪い面があるはずですが、学校教育ではその議論を横に置いて一般的な話を決めごととして教えるため時として大人になってから「あれ?」と思うこともあるのです。

例えば織田、豊臣、徳川の3人の誰がよい人か、と言えばこれは時代とともに変遷するし、時々の時代小説や大河ドラマが影響することもあります。私が幼少のときはホトトギスがなくまで辛抱強く待つ性格が良しとされて「家康はすごい人だ」と刷り込まれたのです。しかし、今、私は家康の江戸時代が日本を後退させた点は捨てきれないと思っています。

一つの政権が長期になるとろくなことがないのは隣国を見てもわかります。李朝朝鮮は500年も続き、その間、国民は文盲、文字もなく、両班という一部の特権階級だけが全ての民を搾取するような社会が続いたのです。驚くべき500年の停滞であったと思います。

では江戸時代はと言えば中央集権のために地方のチカラをそぐことに全てを注いだといってよいと思います。それを徳川の素晴らしいところとする見方もありますが、それによりあるべき改善が施されれなかったことはあるでしょう。それ以上に武士が戦のやり方を知らなかった時代だったとも言えます。結果として参勤交代などで地方を無力化させる日本統一のやり方が今日の日本を歪めた源流であった気がしています。

最新号の日経ビジネスの特集は「震災10年の現実 先送り国家ニッポン」であります。この特集は最近の中ではかなり良い内容だと思います。震災から10年、あの時、あれだけ復興プランができたのに何一つ、進んでいない、いや内容によっては「そんな話、あったっけ?」というのです。イーロンマスク氏が相馬市に「再生可能エネルギーの一大聖地」になるようマスク氏自身が現地で太陽光エネルギーシステムの寄贈式典に出席しています。そしてその後の話を読み、私もびっくりであります。立ち読みでもよいので読む価値はあります。

ただ、私はその記事を全面的に支持しているわけでもないのです。それは日経ビジネスがそれら復興プランが進まなかった理由を「規制」「国の動きの遅さ」「既得権益」にまとめてしまったからです。私もそれ自体は否定しないですが、それだけではないと思うのです。それは中央集権国家で地方のチカラも人的資源も知的能力も全部削がれてしまったということではないかと思うのです。

幕末、長州、薩摩の藩士や坂本龍馬は倒幕というより中央集権への挑戦だったと思います。結果として徳川幕府が崩壊するわけですが、それは結果論であり、黒船の襲来で全く太刀打ちできなくなり、日本に萌芽があった見るべきでしょう。

震災復興プランを見ても「新産業を矢継ぎ早に集積し、世界から企業や人材を大量に呼び込む」(日経ビジネス)というお題目のもと「大規模植物工場」「最先端福祉事業」があったけれど今は忘れられた存在になったとあります。理由は簡単。震災復興で日本のみならず、世界が注目した中で計画だけが舞い上がり、「手のひらの上でコロコロされた」だけです。実現計画性ゼロ、理論武装もなしで多分、地元議員あたりがぶち上げた小学生の感想文並みの内容だったと思われます。ということは震災地に西郷も大久保も坂本もいなかったということになります。

ではなぜ、そんなにレベルが低かったのか、と言えば中央や大企業にチカラを取られてしまったからであります。ところが今回のコロナ禍ではあちらこちらの都道府県知事がやけにマスコミに登場し、各知事が独自色を出そうと必死であり、国が防戦でありました。かつては都道府県の特色はせいぜいマスコットキャラクター程度だったのが今、個性を出そうと頑張っているではありませんか?

これで令和維新にでもなってくれればよいと思います。

日本は北海道から沖縄まで歴史的変遷、文化、産業構造、人の性格など大きく違っています。それを一つのやり方で縛るのはそもそも無理があるのです。よい例がコンビニエンスストアの経営戦略でしょう。彼らが行き詰まった一つは全国で同じものを売るという発想が必ずしもワークしないことに気が付いたのです。それと同様、国政もある程度地方分権を進める議論を始めてもいいんじゃないかと思うのです。

地方の時代と政権は言いますが、それは中央が鵜飼で地方を鵜にして絶対支配下に置いているのです。これではだめ。例えばアメリカでもカナダでも州による自治権が強いのはエリアの特性がありそれを生かすからこそ、国家全体が伸びることが分かっているからなのです。

先日、このブログで将来は小規模な共同体が一つの塊になると申し上げました。その意味は国家の政策が時として机上の論理、そして既得権の塊と化すからであり、それが崩れる日は遠くないとみているからです。中央集権の時代ではない、中央と地方がうまく分権しあいながら調和を保つことが今後の日本の発展を担うと私は考えています。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「地方分権」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  2. 2

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  3. 3

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  4. 4

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  5. 5

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  6. 6

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

  7. 7

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  8. 8

    田中邦衛さんのこと  『北の国から』と北海道らしさと、さだまさしの破壊力

    常見陽平

    04月14日 14:22

  9. 9

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  10. 10

    大阪1000超え 変異株の恐ろしさ

    中村ゆきつぐ

    04月14日 13:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。