記事

菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

1/2

菅義偉首相の長男・正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、総務省は24日、利害関係者からの違法接待であったことを認め、次官級の谷脇康彦、吉田真人両総務審議官を減給とするなど、計11人を“懲戒処分”した。

山田真貴子内閣広報官についても、2019年7月から20年7月まで務めた総務審議官時代、正剛氏らから7万4000円を超える最も高額な接待を受けていたことが問題になっていたが、菅首相が24日、「山田内閣広報官に対し、官房長官に指示して厳重に注意した」と述べた。また、山田氏は、給与を自主返納するとのことだ。

この「厳重注意」というのは、一体どういう意味なのだろうか。

一般職国家公務員には、国家公務員法96条の、「すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない」との服務(業務上守らなければならない最低限のルール)の根本基準や、99条の「信用失墜行為の禁止」など、根本的に守らなければならない規程が適用される。総務省の職員は、一般職国家公務員であり、違反すれば82条以下の懲戒処分の対象となる。

そして、1990年代後半、「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」に代表される、大蔵省・厚生省・通産省等の幹部公務員が、豪華な飲食や贈り物・旅行・ゴルフなど、規制対象の事業者から過剰接待を受けていた問題が多発し、社会問題化したことを受け、抽象的な服務基準・服務規程に加えて、飲食・贈答等に関する公務員倫理を立法化すべきであるとの声が高まり、「国家公務員倫理法」が制定された。

同法に基づいて制定された「国家公務員倫理規程」では「利害関係者から供応接待を受けること」などが明確に禁止されている。谷脇氏らの行為は、公務員倫理規程に違反するとして、国家公務員法による“懲戒処分”を受けたのである。

谷脇氏らが「懲戒処分」を受けたのに、7万円もの高額接待を受けていた山田氏が懲戒処分もされず、「自主返納」にとどまるのはなぜか。それは、山田氏が総務省を退職して、一般職公務員の身分ではなくなっているからだ。

退職後であっても、業務密接関連法人に任用されることを前提に退職する「退職出向」の場合には、退職前の行為について懲戒処分ができるという例外規定がある(国家公務員法82条2項)が、山田内閣広報官の場合、これには当たらない。

そのため、総務省が、山田氏を、退職前の倫理法違反の行為について懲戒処分することはできないのである。そして、内閣広報官の身分は現在「特別職の国家公務員」であり、懲戒処分の対象とはならない。

「特別職」とは、試験任用を前提とする「一般職」とは異なる公務員であり、選挙によって選出される国会議員や、政治的に自由に選出される大臣、行政でなく司法に関わる裁判官及びその他の裁判所職員、選任が一般職と異なる自衛官など、多岐にわたる。そして、「国家公務員法」はあくまで「一般職」を対象とした法律であり、「特別職」には適用されない。

そのため、「特別職」は、それぞれ個別に、職務に応じた規制を受けることになる。内閣広報官は、服務について内閣法に規定があり、国家公務員法の根本的な服務基準・服務規程が準用されている。しかし、「国家公務員倫理法」や「国家公務員倫理規程」による規制は受けないし、あくまで内閣法が準用するのは「服務」の部分だけであり、懲戒について、独自の規定も、準用の規定もない。「特別職」には対しては、倫理に違反しても、罰則が適用されない。まるで“特別待遇”である。内閣広報官に対しては、本人の“倫理観”による公正・適切な行為を期待するしかないのである。

あわせて読みたい

「総務省の接待問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

  10. 10

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。