記事

「菅首相の資質を問い直したい」元番記者が明かす"政治取材の最前線で起きたこと"

1/2

政治記者は権力を最も近い場所で取材している。彼らはメディアの役割を十分に果たせているのか。毎日新聞記者の秋山信一氏は「事実を伝えながら、国民の声を権力に届け、権力の思惑を国民に伝える仕事が最もしやすい環境にいる。だが、とてもではないが自信をもって『イエス』とは言えない」という——。

※本稿は、秋山信一『菅義偉とメディア』(毎日新聞出版)の一部を再編集したものです。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任表明を受け、記者の取材に応じる菅義偉首相=2021年2月12日、首相官邸 時事通信フォト

「オン」と「オフ」の境目

政治部の取材の大半は「オフ(・ザ・レコード)」であり、「オン(・ザ・レコード)」は記者会見や一部のぶら下がり取材に限られる。

そう書くと「オフレコなら何も書けないじゃないか」と思われるかもしれないが、政治部の「オフレコ」は厳密にはオフレコではない。

例えば菅のオフレコ発言は「政府高官は~」という形で報道されることがあるし、「政府関係者」「首相周辺」「外務省幹部」「官邸幹部」などとして報道されるのもオフレコ取材の成果だ。

しかし、中には「オン」のつもりで「オフ」に応じている人もいる。菅も口癖のように「そんなこと俺が言ったら大変なことになっちまう」と言っていたが、これは「オフレコ」で話している内容が匿名とはいえ「菅の発言」と分かる形で報道されてしまうことを認識していたからだ。こうなると、もはや「オフレコ」としていることの意味が薄れ、記者の過度な自主規制のようにも思えてくる。

政治部で最初に担当した外務省にも「オン」のつもりで「オフ」に応じる幹部がいた。事務次官だった杉山晋輔だ。それを物語るエピソードが政治部への着任初日にあった。

ちょうどその日は年度初めで新人職員の入省式が開かれる予定になっていた。駐韓大使の帰任が決まったため、式から出てくる杉山に取材しようと、他社の記者たちとともに外務省のホールの出入り口で待ち受けた。杉山にはまだあいさつもしていなかったため、スマホでネット検索して顔を頭に入れた。

記者同士の無意味なルール

あいさつを終えた杉山が廊下に出てくると、囲み取材が始まった。他の記者の見よう見まねで輪の中に入り、メモ帳にペンを走らせながらコメントを拾った。ところが、他の記者は誰一人メモを取っていなかった。

※写真はイメージです iStock.com/microgen

奇妙に思っていると、左隣にいた記者に肘で腕を突かれた。むかっときたが、取材中なので杉山に集中を戻すと、再び左隣から「オフ、オフ」とささやかれた。意味が分からなかったため、杉山に質問を続け、また答えをメモしていった。そのまま囲み取材を終えて杉山を見送ると、肘で突いてきた記者が改めてこちらに忠告してきた。

「メモ取りは禁止ですよ」

「あっそうなんですか」と言いつつも、頭の中は「?」だった。

後で同僚に確認すると、外務省では幹部への取材は認められているが、定例的に局長級以上が行う「記者懇談」以外、メモ取りは慣例として禁止だということだった。録音に至っては記者会見を除いて一切禁止だ。

面白かったのは、杉山自身はメモ取りに何らクレームをつけなかったことだった。後に杉山からは「僕はオンのつもりでいつも話しているから」と聞き、「オフ」という規制の無意味さを思い知った。

「パンケーキ懇」の実態は

自民党総裁選の関連報道で、菅がパンケーキ好きなのは広く知られるようになった。首相就任後には総理番とのあいさつも兼ねて「パンケーキ懇」が開かれ、一部の社が欠席したことでも話題になった。

では、菅との懇談ではどんな会話がなされるのだろうか。

「懇談」と言うからには「こっそり内緒話を教えてもらえる」イメージが湧いてくるだろうが、実態はいつもの取材と変わらない。各社の番記者がずらりとそろって会話をするわけだから、当然、記者の方から特ダネにつながるような話を振ることはなく、菅もいつも通りに淡々と話すだけだ。食事を共にするわけだから「夜回り」などよりもじっくり話す機会にはなるが、内容が濃いかと言えば、そんなわけでもない。

長官番時代、菅や秘書官たちと食事をともにする「番記者懇」は不定期で開催された。地方出張時に企画されたり、数カ月に1回「パンケーキ懇」が開かれたりする。菅が若い頃は「マクドナルド懇」もあったそうだ。

「菅によるメディアの取り込み」なのか

取材相手と食事をするのは政治部に限った話ではない。

社会部でも、外信部でも、取材先と仲良くなるために食事の機会を設けるのはよくあることだ。食事の場だからと言って、突然、相手の口が軽くなるわけではなく、機微に触れる話になると「それはそれ、これはこれ」といった感じではぐらかされるが、相手がどんな人なのか、どんな経歴なのか、どういう見識を持っているのかといったことはよく理解でき、人間関係を構築する上でも役に立つ。

政治部時代は省庁担当が長かったため、相手は官僚が多かったが、特ダネを取ってやろうなどといった気持ちで臨んだことはなく、むしろざっくばらんに話して「今日はありがとうございました」となるのが常だった。経費で落とすことも、自腹を切ることも、相手にごちそうになることもあるが、「オフレコ懇談」だから本音が何でも聞けるというような甘い世界ではない。

※写真はイメージです iStock.com/South_agency

だから、実は、菅と総理番の「パンケーキ懇」の際に「菅によるメディアの取り込み」という見方もあると聞いても正直ピンとこなかった。

菅が「担当記者がいるのに名刺交換もしていないのはおかしい」と言ってセットされた懇談だったし、取り込むのが狙いなら各社の社説を書く論説委員や政治部長を相手にした方がよほど効率的だからだ。

せっかくのチャンスを逃すのはもったいない

その時に思い出したのは、「桜」問題で追及を受けていた頃に安倍が各社の官邸キャップとの「完オフ」懇談(内容は一切報じない条件付きの懇談)を持ちかけた一件だった。

タイミング的に官邸側からの誘いが露骨な懐柔策のように感じたし、毎日新聞は当時「オフレコの懇談ではなく、説明を求めている」という立場からキャップは欠席した。今回も日本学術会議の会員任命拒否問題で「オフ懇ではなく記者会見を求めている」という理由で欠席した社があったが、そういう判断は筋が通っている。

ただ、毎日新聞がキャップ懇を欠席した時、SNSで毎日新聞の記者が「参加しませんでした」「欠席を決めました」などと発信したため、あたかも「毎日新聞が金輪際、首相との懇談には出席しないと判断した」かのように誤解を与えたのはまずかった。

「首相との懇談を欠席した」ことをアピールしたい思惑があったのだとすれば、誤った判断だった。たとえ、その時は評価されたとしても、将来的に毎日新聞の関係者が首相と会食すれば、「欠席」を評価した人たちから批判を浴びるのは目に見えていたからだ。

取材できる機会があるのであれば、オンだろうが、オフだろうが、時には完オフだろうが活用すれば良い。

逆に「首相との完オフ懇談にはもう出席しない」とハッキリ意思表示するのも「権力との距離の取り方」の観点から判断としてありだと思うが、せっかくのチャンスを逃すのはもったいない。

「桜」を巡るオフ懇に行くかどうかという毎日新聞の判断は、その時々の様子を見ながら柔軟に対応しようという意図だったかもしれないが、その判断理由の説明不足や発信の拙速さという点では悪手だった。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  4. 4

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  5. 5

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

  10. 10

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。