記事
  • ロイター

豪住宅価格、2月は前月比+2.1% 2003年以来の高い伸び


[シドニー 1日 ロイター] - 不動産コンサルタント、コアロジックが1日公表した2月の豪住宅価格は前月比2.1%上昇と、2003年8月以来の高い伸びを記録した。過去最低水準の金利と政府の住宅購入促進策が背景にあり、過熱懸念が強まった。

主要州都と地方の住宅価格がともに上昇。同時上昇は10年余りぶりだった。

住宅価格は1月に0.9%上昇していた。前年比では2月に4.0%上昇した。

主要州都の住宅価格は前月比2%上昇、前年比では2.6%の上昇だった。

地方の住宅価格は前月比2.1%上昇、前年比では9.4%の上昇だった。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)を受けて生活スペースが広く、庭も付いている地方の住宅を購入する動きが広がった。

シドニーとメルボルンの価格はそれぞれ2.5%と2.1%上昇。2020年の低迷から持ち直している。ブリスベンとパースはどちらも1.5%上昇、ホバートは2.5%の大幅上昇だった。

コアロジックのリサーチ部門責任者のティム・ローレス氏はシドニーとメルボルンの持ち直しが持続するかは不明だが、現在のペースで上昇を続ければ遠くない将来に過去最高水準に到達するはずだと指摘。「世帯所得は頭打ちの状態が続き、刺激策は縮小される見通しのため、この2都市は値ごろ感が再び課題になるだろう」と述べた。

ただエコノミストらは、オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)がこれで金融緩和スタンスを転換させることはない、との見方を示す。

実際、RBAは1日、通常よりも多い40億豪ドルの債券買い入れを通告した。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダのエコノミストは「きょうの動きは、市場が望む非伝統的な緩和手段に向けて、RBAがより柔軟なアプローチを取っていることを示している。RBAの決意が試されている時には、大胆かつ断固とした行動を取ることが必要だ」と指摘。明日、RBAが理事会に公表する声明文では、金利目標水準の達成と主要貸出金利の低位安定を確実にするため行動するとして、より強いコミットメントを追加するとの見通しを示した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  4. 4

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

  10. 10

    わきまえない人・森喜朗の晩節に政界が捧げる「忖度なきマイナス査定」 - 新潮社 フォーサイト

    新潮社フォーサイト

    04月15日 16:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。