記事
  • WEDGE Infinity

全柔連パワハラ隠蔽疑惑が東京五輪にも〝飛び火〟 - 新田日明 (スポーツライター)

苦しい弁明にしか聞こえなかった。26日に東京・講道館で行われた日本柔道連盟(全柔連)会長・山下泰裕氏の記者会見についてである。全柔連管理職の前事務局長が昨年4月、事務局内で新型コロナウイルスの集団感染が発生した経緯を調査していた過程で威圧的な言動を繰り返すなどパワーハラスメントと疑われる行為が発覚。

日本オリンピック委員会(JOC)の会長も兼務している山下氏は同日の会見で「職責を果たせていなかった。私の責任が大きい」とした上で「人並みの人間でいろんな重職を務めていくのは私には難しい。問題があることに全く気付かなかったことは恥ずかしく責任を感じている」と続け、全柔連会長の辞任を示唆した。

(Ja_inter/gettyimages)

要はJOC会長職との兼務に忙殺され、全柔連会長としての職務は疎かになっていたという説明だ。このパワハラ疑惑に関して一連の流れを踏まえていれば到底納得のできる会見の内容ではない。これでは全柔連の職から身を引く可能性をチラつかせ、すべての幕引きを図ろうという魂胆だととらえられても仕方がない。問題は山下氏がパワハラ疑惑について「全く気付かなかったこと」ではない。その対応だ。 

全柔連は今月、事務局長の交代を唐突に決定している。当初は理由を公表していなかったが、一部報道によって背景にパワハラの疑いがあることが発覚。実は内部告発からコンプライアンス委員会の調査によって昨春の前事務局長によるパワハラ行為を指摘する報告書が昨年11月26日、会長の山下氏らに提出されていたという。

対応は会長の山下氏に一任されていたものの問題の前事務局長が今年1月に自己都合で退職して音信不通となり、連絡が取れなかったため「パワハラ認定ができなかった」と釈明し、公表も必要ないと一部役員だけで判断したとのことだった。

山下氏の説明は誰の目にもちぐはぐさが目立ったが、隠蔽の意図については「会議で公表の必要はないということで一致し、コンプライアンス委員長にも伝えて納得してもらっている」などと最後まで否定し続けていた。

だが、パワハラと疑われる行為の報告を受けた会長の山下氏が対応を一任され、本人と連絡が取れないから公表しなかったというのは、まさしく「隠蔽」と同じ――。そう見られてもやむを得ないだろう。

もし本当にパワハラ認定できないから公表の必要もないと判断したという程度の認識で受け止めているならば、それは全柔連内部で「問題」になっていないはずであり「気付かなかったことは恥ずかしく責任を感じている」と口にすること自体も大きく矛盾するのではないだろうか。パワハラ疑惑そのものよりも玉虫色の決着で沈静化を目論む姿勢が見え隠れしたことに対し、釈明どころか多くの人たちから不信感を倍増させる逆効果へとつながってしまった感は残念ながら否めない。

山下氏への期待

この一連の問題は全柔連の枠組みだけではなく、思わぬ方向へ飛び火する危険性をはらむ。東京五輪・パラリンピックだ。前記したように山下氏はJOC会長のみならず、東京五輪・パラリンピック組織委員会の副会長も兼務している。

山下氏には2019年にJOC会長就任直後、公の場では本音の議論を話せないとの理由から理事会を異例の非公開とする断を下して波紋を広げた経緯があり、そのやり方には「透明性に欠けるのではないか」と疑問を投げかける声も少なくない。つい最近も森喜朗前会長の辞任に伴って組織委新会長を選ぶ候補者検討委員会も報道陣には一切公開されず「密室の談合」として批判が沸き起こった。

もっとさかのぼれば、2013年に当時の女子日本代表を指導していた監督、コーチらによる暴力的指導、パワハラ行為が発覚し、助成金の不正受給まで明るみに出たことで首脳陣総退陣へとつながった大問題に直面している。

JOCや組織委の中で山下氏に期待されているのは柔道出身のアスリート、そして五輪金メダリストとしての橋渡し役であり、加えて〝時に体制に逆らってでも正しいと思ったことは貫いて自己主張する〟というハートの強さだ。

1980年4月、日本がソビエトのアフガニスタン侵攻に抗議する形でボイコットを呼びかけた米国に追随し、モスクワ五輪への不参加を検討していたことに当時代表に選ばれていた山下氏はテレビカメラも回る中で「柔道を始めるときに大きな夢を持ちました。一生懸命がんばって、将来オリンピックに出るんだと」などとJOC理事たちへ涙ながらに訴え、他の代表選手やコーチらとともに直接行動を起こした。

結局、約1カ月後に日本はモスクワ五輪への不参加を決め、山下氏らのアクションは実らなかったが、この涙の訴えはアスリートたちの間で今も伝説として語り継がれている。かつて国民栄誉賞も受賞し「英雄」とうたわれた山下氏だが、現在の逆風を変えられるのか。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  6. 6

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  7. 7

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

  8. 8

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  9. 9

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  10. 10

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。