記事

『MEDIA MAKERS』はメディア関係者だけの本ではない

1/2

田端信太郎氏の処女作

先日恵比寿の本屋でたまたま見つけた、現NHN Japanの執行役員である田端信太郎氏の処女作、『MEDIA MAKERS』が予想以上に面白く、田端氏の人となりの一端が垣間見えた気がしたので、感じたことを書いておこうと思う。

田端信太郎氏と言えば、ネットビジネス関係者なら知らぬ人とていない、輝かしい履歴の持ち主だ。NTTデータを皮切りに、リクルート、ライブドア、コンデ・ネット・ジェイピー(コンデナスト・デジタル)、NHN Japanと渡り歩き、メディアに関連した非常に印象的な仕事をいくつも成し遂げ、現在でもNHN Japanで、LINEやNAVERまとめ等のメディア全般を取り扱う責任者として活躍している。

ただ、『カリスマ』といっていいほどの履歴であり、本来もっと注目すべきところながら、私はこれまであまり発言や行動を注視していなかった。もちろん、その仕事ぶりは先進的で手際もよく、何より、その時代に最も輝く場を見つけて身を置くセンスは抜群であり、この人は、時代の風を感じるセンスの良さと、メディアを操る技の熟達ぶりが持ち味なのだろうと漠然と考えていた。

だが、本書を読んでみるとかなり印象が違う。もちろん、センスも良ければ技術にも優れているのだろうが、それ以上に地道にじっくり考えるタイプの人であるように思える。そして、どうやら、センス以上にその哲学がしっかりしていて、今の時代のメディアとその役割を十分に読み解いていることが、何より成功の秘訣であるようだ。このタイプの人は我々のような凡人でもよく研究すれば得るところが多い。

メディア理解が競争力の源泉

かつてメディアは、個人にとっても、普通の企業にとっても、一方的に情報を受け取るだけの存在で、発信は限られた一部の人の『特権』だった。ところが、インターネットの発達によって、今では発信しようと思えば、それこそ誰でも簡単にできる時代になった。ホームページを作るのも、ブログを書くのもそれほど手間はかからない。それさえも面倒なら、FacebookやTwitterを利用すれば直ちに発信できる。そのための経費もほとんどかからない。結果、マスメディアの権威は相対的に弱体まり、ソーシャルメディアは急速に膨張して、企業でも個人でも、自分たちの能力次第では、コストをほとんどかけずに、宣伝やユーザーとのコミュニケーションができるようになった。

ところが、企業人、中でも広告宣伝、広報業務担当者は、新しい環境で新しい競争が起きていることに突然気づくことになる。従来は、宣伝会社にお金を払っておけば、そこそこの宣伝プランを作ってくれて、さほどメディア自体の理解がなくとも、極端に言えばお金さえあれば、ほとんど『丸投げ』でも(多少のお金の無駄遣いにはなっても)さほど支障はなかった。ところが、今は、なまじ格安の手段が手元にあるだけに、それをうまく使いこなすことができるかどうかが、競争の軸となり、巧劣の差がはっきりと見えるようになった。しかも、従来のマスメディアによる広告宣伝のように、頼めば何でもうまくやってくれる便利な存在は見つけにくくなった。ソーシャルメディアの『自称専門家』は五万といるが、その大半は、お金をはらう価値もないばかりか、詐欺まがいのところも少なくない。丸投げできなくなったどころか、ちゃんと選別できないとすぐに騙されて毒にも薬にもならないものをつかまされる。毒を盛られることさえある。

すべてのビジネスマンに必要なスキル

しかも、事は、広告宣伝、広報等のような企業の中でも特殊な職種だけの問題だけではなくなってしまった。およそどんな企業でも団体でも、社会との接点がある限り、何らかのコミュニケーションは不可欠だが、そのコミュニケーション全般に、何らかのメディア(特にソーシャルメディア)が係わってくる時代になった。コミュニケーションする相手は、消費者やユーザーだけではない。企業にいい人材を入れようとすれば、企業はその価値をきちんと発信しなければならない。優秀な人材ほど、給与より企業が発信する『価値』に敏感だ。株主やベンチャーキャピタリスト等もに対してもそうだ。情報の重要性を知り、その意味を理解し、ちゃんと発信できる企業は、どの分野であれ、きちんと付加価値をつけて行くことが出来る時代だ。さらには、情報の収集手段としても、様々な種類のメディアごとにその特性を知り、どのような情報を収集するのに適しているのか、どのような欠点があるのか、それを通じて自らが発信することにどのような意味があるのか等を理解しておくこと自体が競争を勝ち抜くための決め手になってきている。すなわち、メディアに関するスキルは今ではおよそビジネスに係わる者すべてに必要なスキルになってきている。

そこのところを、田端氏は次のように語る。

私は、これからは何のビジネスをするにも、メディアについてある程度の理解をしておくことがビジネスパーソンには重要だと強く思います。ある一定以上のクラスのマネージャーになった人が「僕はファイナンスや会計のこと、わからないので…。償却って何ですか?」とは恥ずかしくて言えないですよね。それと同じように、その利用と読解のリタラシーがない人は、ビジネスパーソンとして、かなり「イケてない」感じになるのではないでしょうか。(まあ、これは、メディア業界人である私の我田引水的なところもあるのかもしれません。そこら辺を割り引いて受け取ることも、あなたのメディア・リタラシーです。) 同掲書P22

田端氏は『我田引水』と謙虚だが、私のような『メディア業界人』ではない立場から見ても、もはや我田引水でもなんでもない。まさに今、地滑り的に重要度が増しつつある。いまだにそのことに気づいていない人も多いのは確かだが、早晩、人材価値を量る重要な物差しとして社会的に認知される日が来るのは間違いない。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  6. 6

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。