記事
  • ヒロ

コロナの教訓

以下、ラジオのコマーシャル。「マラソンで例えるなら最後の部分に差し掛かっています。だけど、そこが一番苦しい。我々が闘うコロナも秋にはワクチンが一般の人にもできるようになり、ゴールが見えてきてます。今一つの我慢を。BC州政府広報でした」。しゃれている内容だと思います。最後の苦しいところ、ここをみんな、我慢してね、というわけです。

ワクチン接種は各国で進みます。また人々の行動制限の結果、感染者数は確かにググっと減ってきています。カナダは1月8日の9200人のピークから現在は3000人程度、アメリカも1月8日が30万人超のピークだったのが、7万人水準に、英国も1月8日がピークで6.8万人が今は1万人、ワクチン接種が進むイスラエルが1月11日の9700人から3000人などとなっています。(なぜか多くの国で1月8日前後がピークだったのです。理由が知りたいですね。)

また日本も見方はいろいろありますが、数字の上ではやはり1月9日のピークである7700人から1000人程度まで下がっており当面のピークアウトを過ぎて回復期に入っているとみてよいのでしょう。緊急事態宣言が続くにしろ、解除されるにしろ、ここで気を緩めるのではなく、病み上がりのリハビリテーションのようにそろりそろりと門戸を開けていくべきだろうと思います。

特に日本の場合はオリンピック開催を前提とするならば国内感染者が十分に収まり、コントローラブルになることが最前提になりますからここは気をつけるべきで、マスコミが単調に捉える感染者数の数字だけが独り歩きさせるのではなく、感染予防の本質をとらえるべきでしょう。

人口比で誤差範囲を含め、どこまで収まればコントロール可能なのか、季節要因がどれぐらいあるのかも含め恐怖心を煽り過ぎず、もう少し明確な指針が欲しいところです。インフルエンザが流行った年でもこんな騒ぎ方をしたことはないのです。

さて、コロナ克服がさほど遠い先ではないと仮定した場合、1年以上にわたり不自由を余儀なくさせられた我々の生活はどのような変化を示すのでしょうか?世界中の多くの専門家や識者は「元には戻らない」と主張する意見が多いかと思います。しかし、本当に元に戻らないのか、すっかり社会の基準が変わるのでしょうか?

コロナ後の社会はまず、感染予防が人々の日々の意識に強力に浸透するとみています。病院や高齢者施設などではマスク着用が義務化されるかもしれません。消毒剤が巷にあふれ、携帯用の消毒剤も普及し、きれい好きの日本人の必需となりそうです。店舗、飲食店、サービス業では椅子や人々が手に触れるところを拭く行動も習慣化されそうです。しかし、あまりやりすぎると人間の菌に対する抗体が弱まるので過敏になるのは逆効果かもしれません。

では経済行動はどう変わるでしょうか?コロナの衝撃の受け方は個人差があり、千差万別です。ただ、一般的には女性と高齢者はよりセンシティブだとみています。とすれば例えば今まで高齢者が主導していた高額消費の行動が外食から内食となり、より自宅で高級食材などを楽しんだり、お菓子作りなど自作傾向が強まるとみています。

オンラインの仕事はどうでしょうか?たとえば週2回はオンラインで自宅勤務といったことがないとは言いませんがそのような職種は限られます。工事現場も宅配も警察や消防もオンラインでは対応できないのです。感覚的には8割が元に戻るけれどオンラインで業務を続けられるところが業務効率改善の一環で一部変わっていき、今後長期にわたって少しずつ変化の進化を遂げるのだろうと思います。

但し、今迄の無駄な出張や会議は見直され、オンラインでできる会議はかなり増えそうです。つまり、業務の中でオンラインを介した作業を取り入れることに成功し、その利用率は飛躍的に増大すると思います。人が実際に出張することは減り、企業の接待、会食も減るかもしれないでしょう。いわゆる接待の時代じゃないのです。

最後に社会は今回の惨状に対してどのような反省をするか、です。非常に大胆に言えば反省はすぐ忘れるとみています。何故ならワクチンができるまでは人々が感染予防に対して試行錯誤をしたものの今後は薬に頼れるという安心感ができるからです。

コロナ後の社会ではコロナの教訓が人々のマインドに数年間は残るものの徐々にその苦しさを忘れるのでしょう。大言壮語が身につかないことは誰でもわかっていることです。ただ、社会や企業活動にはこの経験を踏まえて新しいビジネスや社会の取り組みにチャレンジしたわけでそれが何らかの形で有効活用されていくと予想しています。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  10. 10

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。