記事

2000票差で初当選…1996年の国政選挙で繰り広げられていた“菅義偉”と“創価学会”の激突とは 『菅義偉の正体』より #1 - 森 功

1/2

「私は雪深い秋田の農家に生まれ、地縁血縁のない横浜で、まさにゼロからのスタートで政治の世界に飛び込みました」と語った所信表明演説で庶民派なイメージを振りまき、多くの国民から支持された菅義偉首相。しかし、その支持率は首相就任から日が経つにつれて下降の一途をたどっているのが現状だ。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 ここでは、ノンフィクション作家、森功氏の著書『菅義偉の正体』(小学館新書)を引用。菅義偉氏の本当の姿に迫るべく、国政選挙初参戦時の印象的なエピソードを紹介する。(第2回の1回目/後編 を読む)

◇◇◇

最初の国政選挙

 菅義偉は、衆院に小選挙区制度が導入されて初めての総選挙となった96年10月、神奈川2区から出馬して初当選を果たした。

©iStock.com

「もともと神奈川の衆院選挙事情からすると、菅さんが立候補できる余地はほとんどなかった。選挙法が改正され、小選挙区制が敷かれたからこそ、国政に打って出る芽が出てきたんです。そのへんも運の強い人だよ。小此木さんは中選挙区時代、ずっと旧1区で当選を重ねてきました。旧1区にはもう一人、文部大臣になった鈴木恒夫さんがいて、二人で目いっぱい。小此木さんは旧1区で息子の八郎にあとを譲ろうとしていたから、仮に中選挙区のままだったなら、菅さんは出られなかった」

 藤代が横浜の選挙事情を詳しく解説してくれた。小此木八郎は93年7月におこなわれた衆院選で、中選挙区時代の旧神奈川1区から出馬し、菅より一足先に当選した。八郎の選挙で菅は選挙事務所の事務長として奔走し、次に備えたと藤代が話す。

「小選挙区制になり、平成8(96)年の選挙で、横浜は1区から8区までに区割りされた。すると、基本的にどこでも出られる。自分にとって、どこがいいか、判断するだけです。それで、菅さんが手をあげた。八ちゃん(小此木八郎)が、神奈川区と鶴見区の3区をとったから、菅さんは2区を選んだ。1区は大蔵事務次官から代議士になった佐藤一郎の長男、佐藤謙一郎が強かったから、菅さんは2区を選んだのだと思います。その棲み分けについては、当人の希望に沿いながら市連で話し合われたはずです」

“菅軍団”という人的ネットワーク

 影の市長と呼ばれるだけあって、菅は希望を通しやすかったのかもしれない。もともと菅の立候補した衆院の神奈川2区は、市議時代の選挙区だった西区が含まれる。菅が2区を選んだ理由は、市議時代と同じくここに相鉄グループの本社があるからだろう。もっとも衆院になると、選挙区は南区、港南区が加わりかなり広くもなった。市議時代は西区だけをカバーすればよかったが、そうもいかない。やはり衆院選では苦労もあったようだ。

 地元横浜には、菅軍団と呼ばれる市議や県議たちがいる。多くは菅事務所の秘書から政治家に転身している。たいていは菅が衆院選に初めて出馬したころから付き合ってきた。地元における菅の強みは、そうした人的なネットワークを張り巡らせていることである。

 菅事務所の秘書から神奈川県議になった横浜出身の加藤元弥もその一人だ。山梨学院大学を卒業後、地元の広告代理店に勤めているときから、菅の選挙を手伝うようになった。

「最初の選挙は厳しい戦いでした」

「会社に入って僕は政治家の先生のところに営業し、仕事をもらっていました。広告代理店ですから、選挙のポスターづくりなどのお手伝いをするわけです。菅先生は選挙ポスターの写真などを撮るときもせっかちで、『ああ、これでいいよ』と頓着しないタイプでした。それで仕事として、どんどん選挙に関わるようになっていったのです。菅先生が2区を選んだのは西区の市会議員だったからでしょう。たしか橋本(龍太郎)総理が応援に入ってこられた。とくに最初の選挙のときは厳しい戦いでした。ここには公明党系の現職がいて、新人の菅先生がそこに挑んだかっこうでしたから」

 折しも、菅の初当選した96年の小選挙区制導入総選挙は、日本の政局が目まぐるしく動いていた時期だ。自民党を離党した小沢一郎が93年8月、日本新党の細川護煕らと八党派の連立政権を樹立する。そこから下野した自民党の橋本龍太郎や野中広務たちは94年6月、日本社会党の村山富市を担ぎ上げ、新党さきがけと連立して政権与党に返り咲いた。

このとき小沢が公明党や民社党などに非自民の再結集を呼び掛けて結成したのが、新進党だ。そこで公明党はいったん解党し、所属議員たちは新進党への合流組と、地方議員を党に加え、新たに看板をかえて発足した公明への残留組に分かれた。そんな激動のなかで実施されたのが96年の総選挙だったのである。自民党執行部としては、どんな候補者でもいいから衆院の議席を増やしたかった。新人の菅がそこに紛れ込んだ。

秘書から見た菅義偉

 20年の長きにわたり、菅の秘書を務めてきた渋谷健は、初当選のときに秘書として選挙区を駆け回った一人だ。現在もなお自民党菅軍団の横浜市議として、菅を支えている。

「もともと私は20代のころ、代議士を目指していた別の方の秘書兼運転手をしていました。その方が3回連続して衆院選に落選し、私自身も民間企業に就職したんですけど、35歳のとき、もう一度政治の道に戻ったらどうか、と菅さんを紹介されたのが出会いでした。いまと同じようにぶっきらぼうに、自分の言いたいことだけを言って、じゃあ頼むって感じ。なるほど、これは面白い人だと思い、いっしょにやらせてもらえるよう頼んだのが、20年前でした」

 渋谷がそう当時を振り返った。元横浜市議会議長の藤代と同じような話をするが、少しちがうところもある。

「菅さんは衆院選に出馬する1年半前に市議を辞めていて、苦しい時代でもありました。菅さんの選んだ神奈川2区の西区、南区、港南区のうち、西区はもともと小此木さんの地盤ですけど、南区と港南区は縁のない選挙区だったわけです。だから衆院の出馬はかなり思い切ったチャレンジでもあった。おまけに自民党から飛び出した人たちがつくった民主党(新党さきがけから派生)に佐藤謙一郎がいて、彼が2区から出るものと見られていました。

民主党の佐藤謙一郎は非常に選挙に強いので、当時からいえば、菅さんは勝てねえべ、という下馬評でした。そしたら何を思ったのか、その佐藤謙一郎が神奈川1区に逃げちゃった。それで助かったのです」

創価学会との激突

 それもラッキーだった。もっとも真の強敵は佐藤ではない。最も手強かった対立候補は、新進党(現・公明党)公認の上田晃弘だった。自民党にとって、新進党との対決選挙のなかで最大のポイントが、旧公明党の選挙組織、創価学会とどう戦うか、である。自民党は宗教法人の政治介入を問題視し、創価学会名誉会長の池田大作の国会喚問を持ち出した。いきおい選挙戦では、自民対創価学会の対決が全国で繰り広げられていったが、なかでも菅の出馬した神奈川2区は激烈な選挙となった。

「上田さんは創価学会の青年部長をやっていて、まさに学会保守本流のど真ん中にいた。学会内で絶対偉くなるといわれていた方です。公明党を母体とする新進党としては、絶対落とせない候補者だから、徹底した組織選挙を展開していました」

 神奈川2区には民主党の大出彰も出馬していたが、上田に比べるとまだ楽な相手だ。渋谷がこう続ける。

「当時、自民党は創価学会を目の敵にしていて、亀井静香さんあたりが四月会を結成して池田名誉会長批判を展開していたころです。だからわれわれも学会批判をめちゃくちゃにやったし、向こうも真剣勝負でした。たとえばとつぜん宣伝カーの前に、2~3人が立ちはだかって道をふさいだり。ひどいときは道路に寝転んだり。

ある夜、事務所の玄関にバーンと大きな音がするので行ってみると、大きな石が投げ込まれ、車が走り去っていった。僕の家に夜中じゅうファックスを送りつけてきたこともありました。まさかみずから名乗るわけではないので相手の正体はわかりませんが、そんな熾烈な選挙でした。で、大接戦の末、2000票ぐらいの僅差で当選できたのです。いわばあれが運命の岐路でしょう。負けていたら、菅さんはおそらく秋田に帰っていたと思います」

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  2. 2

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  3. 3

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  4. 4

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  5. 5

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  6. 6

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  7. 7

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

  8. 8

    田中邦衛さんのこと  『北の国から』と北海道らしさと、さだまさしの破壊力

    常見陽平

    04月14日 14:22

  9. 9

    大阪1000超え 変異株の恐ろしさ

    中村ゆきつぐ

    04月14日 13:45

  10. 10

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。