記事

大学の学部・学科に「キラキラネーム」が出てきた理由2

昨日エントリーした「大学の学部・学科に「キラキラネーム」が出てきた理由」が多少舌足らずなところがあったので、今日はその補足です。


1 自分で経験しないとわからないこと

 昨日書いたものはあくまで就職という観点から見た大学論になります。当然大学には就職にあたっての関門という面だけでなく、純粋な知識欲を満たしてくれるところであったり、研究者育成という面もあります。

 実際、高校生が良く思い悩んでいるようですが、「何のために大学に行くのか」という命題があります。これについて、「皆が行くから」、「就職には大学卒が有利だから」といった理由で納得できる人は何の問題もないのですが、こうした回答では納得できない人がいます。

 別段こうした問題を考えても何の得もないのが現状なので、大半の大学進学者は何も疑問に思わず大学に行くわけですが、中には大学に入ってから「何のために大学に入ったのか」などと思い悩む人も出てくるのが実情です。

 私自身、高校時代には特に何の疑問も持たず大学に入った口ですが、私が大学時代にはインターネットなどという便利なものはなく、結構時間を持てあましていた方なので、いろいろくだらないことを考えておりました。

 その時、こうしたことを考えたこともあったわけですが、私自身一番納得のいった答えは「大学で何をしたいかを見つけるために大学に行く」というものでした。

 「適正」という言葉を良く聞きますが、何が自分に向いているかなどやってみなければわかりません。ある意味これは就職も同じで、あれがやりたい、これがやりたいと思っていても、学生は現実を知らずに頭の中で思い描いているだけなので、いざ第一希望の会社に就職しても(なかなか無いことですが)、現実を見て失望することが多々あります。

 大学も同じで、高校時代に「大学」とはこんなところあんなところと思い描いてみても、実際に行ってみないとわかりません。これは大学院も同じで学部生時代に「大学院とはこんなところ」と想像してみても、実際に行ってみると全く大違いです。


2 大学で学ぶこと

 昨日は散々大学の悪口を書いてしまったわけですが、大学に行って何も学ばなかったのかというとそんなことなありませんし、行かないよりは行った方が良いと思っております。

 これは私自身の個人的な考えですが、大学で学ぶ最大のメリットは「考え方」を教えてもらうことではないでしょうか。人は現代社会を生き抜いていくにあたって知識と考え方、この2つが必要になると考えています(ここいらはかなり小林秀雄の受け売りです「日本と中国の大学教育」)。


 そして本来であれば、高校までにそれなりの「知識」を蓄え、大学でその知識を元に「考え方」を習得するという形がとられてきたと考えます。

 それがおかしくなったのはやはり「ゆとり教育」の弊害かと思います。高校でも考える力を学ばせるといっても、「知識」のないもの、基礎となるものがない者に何ができるにかという話です。

 例えば絵画を描くにあたって、ロクに技術を知らない者に自由に描いてみろ、それが「個性」だといってもまともな絵が描けるとは思えません。そういう意味で、大学で本来高校で学ぶべきだったことの補習をせざるを得ない現状というのはかなり間違っていると考えます。


3 最後に

 それ以外に、大学では本当にいろいろな人がおり、そうした人との出会いも大きな財産となります。例えば、学生時代はなかなかわかりませんでしたが、学生と教官の間には知識面で本当に大きな差があります。

 そして効率が求められる現在ですが、何かをなす(考える)には、時間がかかるもので、学生時代無駄に思えるようなことを時間をかけて考えていたのも、後々考えるとプラスになるのは間違いないと考えます。

 人生やり直しがきかないのが難しいところで、そのためどうしても、賭の要素があるのは間違いないのですが、結婚でもなんでもこの世に賭でないことなどあり得ないので、そこはどうしようもないところかと思います。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  2. 2

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  6. 6

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。