記事

【読書感想】「家族の幸せ」の経済学

1/2

「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実 (光文社新書)

  • 作者:山口 慎太郎
  • 発売日: 2019/07/17
  • メディア: 新書





Kindle版もあります。

「家族の幸せ」の経済学~データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実~ (光文社新書)

  • 作者:山口 慎太郎
  • 発売日: 2019/07/26
  • メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
「帝王切開なんかしたら落ち着きのない子に育つ」「赤ちゃんには母乳が一番。愛情たっぷりで頭もよくなる」「3歳までは母親がつきっきりで子育てすべき。子もそれを求めてる」出産や子育ては、このようなエビデンス(科学的根拠)を一切無視した「思い込み」が幅をきかせている。その思い込みに基づく「助言」や「指導」をしてくれる人もいる。

親身になってくれる人はありがたい。独特の説得力もあるだろう。しかし、間違っていることを、あなたやその家族が取り入れる必要はまったくない。こういうとき、経済学の手法は役に立つ。人々の意思決定、そして行動を分析する学問だからだ。その研究の最先端を、気鋭の経済学者がわかりやすく案内する。

 「幸せはお金では買えない」という人は多いのですが、「お金に困っていると幸せになるのは難しい」という見解については、ほとんどの人が同意すると思います。
 まあ、「家族の幸せ」とは何か?っていう、「幸せの定義」そのものが人それぞれではあるのですけど。

 著者は「はじめに」で、こう述べています。

 本書は結婚、出産、子育てにまつわる事柄について、経済学をはじめとしたさまざまな科学的研究の成果をもとに、家族がより「幸せ」になるためのヒントを紹介します。本書で紹介する科学的研究の成果は、実社会から得られたデータを分析することによって得られたものです。国勢調査のような大規模な公的調査はもちろん、社会実験から得られたデータや、恋愛と結婚のためのマッチングサイトの利用者データなども分析に活かされています。こうしたデータを分析することで、個人の体験談の寄せ集めなど比較にならないほど信頼性の高い知見が得られるようになるのです。

 経済学というとお金にまつわる学問だから、結婚、出産、子育てはもとより、「家族の幸せ」などとは関係ないのではないかと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。経済学は、人々がなぜ・どのように意思決定し、行動に移すのかについて考える学問ですから、そこで得られた知識を活かすことで、家族の幸せにより近づくことができるのです。経済学研究の最先端に触れることで、ぜひそのエッセンスをご家族とあなた自身の幸せに活かしてください。

 これだけ世の中では、とくにネットの中では、「ソースは何?」「科学的なエビデンスは?」などと問われるようになってきているにもかかわらず、僕が日常を送っている身近な世界では、ほとんどの人がそんなに合理的には生きていないと感じます。
 自然分娩や母乳を信仰する人、放射線量が測定されている食品でも、「それを自分の子どもに食べさせられる?」と忌避する人なんて、珍しくもなんともない。

 この新書では、家族について、とくに「結婚・出産・育児」に対し、さまざまなデータを用いて、「その『常識』は正しいのか?」が検証されています。

 著者は、1996年にベラルーシで行われた「プロビット」と呼ばれる母乳育児促進プログラムで集められたデータをもとに、「母乳育児のメリット、デメリット」について紹介しています(なぜこの研究をもとにしたのか、ということについても、本のなかでは丁寧に説明されているのですが、ここでは割愛します)。

 ベラルーシの母乳育児促進プログラムとそこから始まる一連の追跡調査は、日本を始めとする先進国にとって、母乳育児の効果について、最も信頼性の高い科学的根拠を提供しています。

 そこで得られた結果をまとめると、母乳育児は生後1年間の子どもの健康面に好ましい影響を与えることが確認されました。胃腸炎とアトピー性湿疹を抑え、さらには乳幼児突然死症候群を減らしている可能性が示されています。

 一方で、健康面や知能面に対する長期的なメリットは確認されませんでした。健康面についてはすでに取り上げた肥満・アレルギー・喘息に加え、虫歯についても検証がなされましたが、いずれについても効果が認められませんでした。知能面では、6歳半時点では好ましい効果が見られたものの、16歳時点では効果が消えてしまっているようです。

 母乳育児に関する研究は数多くあり、その中にはここで紹介したベラルーシの追跡調査と異なる結論を出しているものもあります。しかし、そうした研究のほとんどは、母乳育児で育った子どもとそうでない子どもを比較することで母乳育児の効果を測っています。そのため、子どもの発達の違いが本当に母乳育児の有無によるものなのか、家庭環境や両親からの遺伝、両親の子育てに対する態度の違いといった要因によるものなのか、必ずしも区別をつけることができません。

 ベラルーシの調査は、先に述べたように、母乳育児促進のための研修を行う病院を抽選で選ぶことによってこの問題を克服した稀なケースで、その結果は特に信頼性が高いと考えられています。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  2. 2

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  3. 3

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  4. 4

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  5. 5

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  6. 6

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  7. 7

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

  8. 8

    田中邦衛さんのこと  『北の国から』と北海道らしさと、さだまさしの破壊力

    常見陽平

    04月14日 14:22

  9. 9

    大阪1000超え 変異株の恐ろしさ

    中村ゆきつぐ

    04月14日 13:45

  10. 10

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。