記事

時事問題に関心を持たせたい ニュースを家庭学習に取り入れるのが上手な保護者がやっている3つのこと

1/2

社会や世の中について関心を持ってほしい。そんな思いから子どもにニュースを見せても、反応がイマイチ……ってこと、ありませんか? ニュースに関心を持つ子どもは、社会と自分との繋がりをイメージでき、学習意欲もUPすると言われています。上手にニュースを取り入れている保護者の取り組みを参考に、家庭でのニュース活用のコツを考えていきましょう。

この記事のポイント

  • 子どもに身近なテーマをセレクトし、一緒に見て話し合う
  • 「事実」でなく「なぜ」に重点を置く
  • 単一的な視点でなく、さまざまな立場からの見方を伝える

子どもに身近なテーマをセレクトし、一緒に見て話し合う

ニュースは、国内外の政治から社会問題まで幅広いテーマが取り上げられています。だからといって、その全てを子どもと共有しなきゃ……と思わなくても大丈夫。むしろ、それだと破綻してしまいます。

ニュースを家庭学習にうまく取り入れている保護者は、子どもの興味関心を高めるためのテーマ選定が上手。たとえば「アメリカの大統領選挙」よりは「新型コロナウイルスが生活に及ぼす影響」のほうが、子どもも当事者意識を持てますよね。

このように子どもが身近に感じられるテーマを選び、保護者も一緒にニュースを視聴しましょう。そのうえで、見た内容についてざっくばらんに話し合う時間を設けることが重要です。

その際に大切なのは、雰囲気づくり。「はい、今からニュースの内容について意見交換をしましょう」といった堅苦しいものでは、子どもも緊張して身構えてしまいます。「飲食店のほかにも、お客さんがこなくて苦しいお仕事ってなんだろうね?」というように、あくまでカジュアルに、普段の会話の延長線上のような雰囲気を目指しましょう。インプットした内容をアウトプットし、意見交換をすることで理解も見方もグンと深まるはずです。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。