記事
  • ロイター

米個人消費、1月は2.4%増で7カ月ぶり大幅な伸び 物価上昇圧力良好


[ワシントン 26日 ロイター] - 米商務省が26日に発表した1月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比2.4%増と、2020年6月以来、7カ月ぶりの大幅な伸びとなった。3カ月ぶりのプラスだった。政府が低所得世帯向けに追加支援策を導入したほか新型コロナウイルスの新規感染が減ったことが個人消費を押し上げた。市場予想は2.5%増だった。

ロヨラメリーマウント大学のサン・ウォン・ソン金融・経済学教授は、バイデン米大統領が掲げる1兆9000億ドル規模の新型コロナ経済対策案によって「短期的な米経済見通しは明るい」と述べた。

個人消費が力強く回復したにもかかわらず、物価上昇圧力は落ち着いていた。政府が打ち出す新型コロナ経済対策により経済が過熱するとの懸念の声が出る中、物価が注目される。

個人所得は10.0%増と、20年4月以来の大幅な伸びとなった。12月は0.6%増加していた。市場予想は9.5%増だった。

個人消費は、自動車と娯楽用品、食品・飲料が増えた。宿泊や外食、診察などのサービスへの消費も増えた。

インフレ調整後の個人消費は2.0%増。12月は0.8%減だった。

政府による支援金の一部は貯蓄にまわった。貯蓄率は20.5%と、12月の13.4%から上昇した。

モルガン・スタンレーのチーフエコノミスト、エレン・ゼントナー氏は「追加刺激策は3月に承認され、貯蓄率をさらに押し上げると想定する。米家計の購買力をさらに押し上げ、経済再開に向け消費の下地が整う」と述べた。

変動の大きい食品とエネルギーを除くコア個人消費支出(PCE)価格指数は、12月と同様、前月比0.3%上昇した。前年同月比は1.5%上昇。12月は1.4%上昇していた。同指数の前年比の動きは米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安としている。

*内容を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。