記事

消費者が終わり、生産者がはじまる。

およそ9年にわたるオランダ生活に終止符を打ってから、早4年がたとうとしています。帰国するときに決めたのは、僕は、この残りの人生を「ヒトの学習と成長」というテーマにかけるということでした。

その後、ビジネスの現場で人材育成の実務にどっぷりとつかりつつ、本を書いたり、大学や企業で講演をしたりしながら、徐々に見えてきたことがあります。それは、ヒトの成長には「なにかを生産すること」が欠かせないということです。

ところが、現代社会というところは、生産よりも消費を中心に動いているように思います。実際、Googleで「消費者」を検索すると約84,900,000件がヒットしますが「生産者」ではこれが約11,400,000件と、およそ7分の1程度まで減少します(あくまでも言葉が使われる回数の話ではありますが)。

僕たち現代人が将来に不安を感じるとき、その不安は「消費ができなくなるのではないか」という恐怖に直結しているでしょう。でもなぜか「生産できなくなるのではないか」という恐怖は、自分の奥底を見つめても出てこないのです。

ここに僕は、奇妙な逆転を感じます。

本質的には、僕たちはなにかを生産するからこそ、その対価を得ることができるわけです。そしてその対価があればこそ、なにかを消費するということも可能になるのでしょう。ですから「消費ができなくなるのではないか」という恐怖は、そのルーツをたどれば「生産できなくなるのではないか」という恐怖に行きつくはずなのです。でも、そうなっていない。

なるほど、現代社会はモノあまりというわけで、なにかを生産することの価値が急激に下がっていると考えることも可能です。また、そもそも食料を中心として、消費さえできれば生命維持もできると言えばできます。しかしどうも、本質はそこにはないような気がします。

僕は今、現代人を不安にし、現代人から成長を奪っているのは「より優れたものを消費できることのほうが、より優れたものを生産できることよりも素晴らしい」という、近代のマーケティングによって作られた価値観ではないかと考えています。

そしてそうした価値観は古くなりつつあり、今まさに、その生命を終わろうとしているような気がするのです。理由は比較的単純で、これからの厳しい経済環境を考えるに、高価なものを消費することの難易度が上がり、話題の書『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる画像を見る』でも述べられているとおり、生産することの難易度が極端に下がると思われるからです。

僕たちは、とてつもなく大きな変化の中にあります。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  5. 5

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  9. 9

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  10. 10

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。