記事

小室哲哉と離婚成立のKEIKO「ファンへのメッセージ」全文

離婚についてファンへのメッセージを公表したKEIKO

 長きにわたった調停を終えて、正式に離婚したことが事務所から発表された小室哲哉(62才)とglobeのKEIKO(48才)。夫婦の「最後のやりとり」がわかってきた。

【写真】地元・大分でキャッチされた、最新のKEIKOの姿。タイトなデニムをはいて、マスク越しに笑顔も見せていた。元気そうで、順調な回復ぶりがうかがえる。

 小室の不倫報道があった2018年1月より、夫婦は会うことはおろか、直接連絡を取ることすらなかったという。

「小室さんが離婚調停のために弁護士を立てたこともあり、ずっと連絡は弁護士を介しています。お互いが調停のために出廷した時でさえ顔を合わせていません。KEIKOさんが拒否したからです。それだけ彼女は小室さんの不倫、その後の不誠実な対応に怒っているのです。

 一連の件で、KEIKOさんは小室さんに謝罪を求めなかった。彼女も早く終わらせたかった、という思いがあったのでしょう」(夫婦の知人)

 2011年にくも膜下出血で倒れたKEIKOは今、体調も戻り、元気に日常生活を送っている。離婚が成立した今、彼女はアーティストとしてファンに恩返しをする日を夢見て前進しているという。

 以下、離婚成立後、KEIKOがファンと関係者に向けて公開した直筆のメッセージ、その全文である。

 * * *

ファンの皆様

関係各位の皆様へ

庭の梅の花が咲き、春の気配が感じられる季節になりました。皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

私KEIKOは、この度、小室哲哉さんとの調停離婚が成立いたしましたことをご報告させて頂きます。

ファンの皆様、関係者の皆様には、ご心配、ご迷惑をおかけしてまいりましたことをここに改めてお詫び申し上げます。お騒がせしまして本当に申し訳ありませんでした。

2011年、くも膜下出血を発症して以来、多くの方々から沢山のお見舞のお言葉や励ましのお言葉を頂き、その皆様の優しさに助けられ、支えられて頑張ってまいりました。おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております。

今後も、健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう精一杯努力して参ります。

新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております。

今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

                                2021年2月26日

                                     KEIKO

あわせて読みたい

「小室哲哉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    DHCなどを“実名報道”のNHK 民放にはできない“攻める”ニュースの意義を考える

    水島宏明

    04月09日 21:59

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  4. 4

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  5. 5

    東大京大生ってどうしてそんなにコンサルになりたがってるの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    04月09日 08:17

  6. 6

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  7. 7

    売れ行き好調で一時出荷停止の「生ジョッキ缶」 メルカリで転売相次ぐも“違法”のケースも

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 17:24

  8. 8

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  9. 9

    認定取消されなかったフジHDと東北新社の違い 外資規制違反の状態でも抜け道?

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 16:47

  10. 10

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。