記事
  • ロイター
  • 2021年02月26日 17:05 (配信日時 02月26日 19:23)

ECB、国債利回りの目標ない 機械的な対応せず=専務理事


[フランクフルト 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のレーン、シュナーベル両専務理事は26日、ECBは最近の国債利回りの上昇を注視しているが、特定の金利水準を目標としたり、市場の動きに機械的に反応したりすることはないとの立場を示した。

過去数週間で世界的に国債利回りが上昇しており、ECBがどの時点で資産買い入れ拡大に動くかに注目が集まっている。

レーン氏は26日付のスペインのエクスパンシオン紙に「現段階で、利回りが過度にタイトニングすれば、インフレ・パスに対するパンデミック(世界的大流行)の衝撃との戦いと矛盾することになる」と発言。

「ただ、これは非常に明確だが、われわれが特定の利回りを一定に保つためにイールドカーブ・コントロールに関与することはない」と述べた。

レーン氏は、インフレ率は確かに上向いているが、ECBが目指している水準にはまだ達していないとも発言。

「現在われわれが目にしているのは、インフレ・パスの大幅かつ持続的な変化ではない」とし、インフレ率は依然として極めて低く、ECBによる刺激策が必要だと述べた。

専務理事は、ユーロ圏がパンデミックによる不況から第2・四半期に脱し始めると予測。現在のロックダウン(都市封鎖)の影響は1年前ほど深刻ではないだろうと述べた。

10年物独連邦債利回りは現在マイナス0.223%と年初時点のマイナス0.60%前後から上昇している。

シュナーベル氏は景気回復局面の序盤に実質長期金利が上昇すれば、成長を阻害する恐れがあるためECBの対応が正当化されるとの見解を示した。

その一方で「インフレ期待の高まりを反映した名目金利の上昇は(ECBの)政策が実を結んでいることを示す歓迎すべきサインだ」とし「実質金利の緩やかな上昇も成長通しの改善を反映していれば、必ずしも懸念要因にはならないかもしれない」と語った。

*シュナーベル専務理事の発言を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  3. 3

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  9. 9

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  10. 10

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。