記事
  • ロイター

トヨタ、FCV用燃料電池パッケージ製品販売へ 水素利用促進


[東京 26日 ロイター] - トヨタ自動車は26日、水素を使って発電する燃料電池(FC)システム関連部品を1つにまとめた製品を2021年春から販売すると発表した。燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」向けに開発した部品をパッケージ化した。トラックやバス、鉄道、船舶、発電機の事業者に販売することでFCの利用を促すほか、普及が遅れているインフラ整備や水素価格の低下にもつなげたい考えだ。

燃料電池は水素と空気中の酸素を反応させて発電。水素は化石燃料のように二酸化炭素を出さず、エネルギー効率にも優れているため、環境問題を解決する次世代エネルギーとして注目されている。トヨタはFCVを「究極のエコカー」として、普及に力を入れている。

トヨタはこのほど、20年に発売した新型ミライ用として生産している、電気出力を変換するコンバーターや水素と酸素を反応させて発電するスタックといった部品を1つにまとめ、パッケージ化した。コンバータを内蔵したことでモーター、インバーター、バッテリーなどを備えた既存の電気機器に直接接続でき、より簡単にFC製品の開発や製造が可能になり、利便性が向上した。これまでは各部品をばらばらに販売していた。

出力は60キロワットと80キロワットの2種類、それぞれ縦型と横型の計4タイプを用意。用途に応じて4タイプを組み合わせることができる。自動車向けにつくられているため、安全性が高く、温度変化や振動にも強い。販売価格は取引ごとに異なり、販売計画と合わせて非公表としている。トヨタは15年からFCV関連特許を無料開放している。今回のパッケージ製品は、多くのFC製品事業者からの「自社製品に適合させやすいFCシステム」が欲しいという要望を形にした。

トヨタは20年代に、バスなども含めたFCVの世界販売で年間3万台以上を目指しており、拡販に備えてFCスタックなどの基幹部品の生産設備も拡充してきているが、今回のFCシステムのパッケージ製品の販売は、今のところ現在の生産能力の範囲内で対応可能としている。

(白木真紀)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。