記事

国防議連で尖閣諸島の領土保全について議論

昨日に続き、国防議連を開催し、陸の視点から領土保全について林元西方総監を招き、ヒアリングを行った。

「政府は無人島を守るために、血を流す覚悟があるのか?」を問う力強い講演であった。主な講演内容は以下。

領土保全の領域警備法は必要であり、現状、海上保安庁も沖縄県警も自衛隊も法律の後ろ盾がしっかりとしていないまま職務にあたっているため、法整備の議論をすることは非常に意義がある。

また、自衛隊が警察の職務執行法の準用で行動することは、制約の下で自衛隊の任務遂行をさせることになり、返って行動が困難になるため、本来であれば自衛権に基づく体制が望ましい。個人を主体とする警察の行動と、組織を主体とする自衛隊の行動を混同してはならない。

更に、陸上自衛隊は、地上で行動する組織であり、洋上での行動は困難である。したがって、海上機動力を海上自衛隊や民間船舶に頼らざるを得ないため、統合運用体制を更に整えていかなければならない

特に重要なことは、「事前展開」であり、南西諸島は島と島の離隔距離が長く、駐屯地が与那国、宮古、沖縄、奄美の4か所。海空の基地を利用したとしても沖縄と宮古島に限定されることを踏まえ、兵站等を含めて体制整備を急がなければならない。また、中国の民兵上陸ギリギリまで待つのではなく、今から備えなければならない。攻める側は守る側の3倍以上の兵力が必要であり、逆に先に上陸されれば奪還は非常に困難となる。

現役時代、防衛任務があるにも関わらず、尖閣諸島だけが、唯一上陸が認められなかった。政府は科学文化目的の上陸調査等の今やれることに取組むべきで、本当に守る覚悟があるのか?

最後に、「寸土を失うものは、全土を失う」という言葉で締めくくられた。

参加議員からは「熱い講演に感動した」などの感想が述べられた。佐藤は、引続き、今できることを進めるべく全力で取り組んで行く。

あわせて読みたい

「尖閣諸島」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  3. 3

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  6. 6

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  9. 9

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  10. 10

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。