記事
  • ロイター

東京都区部コアCPI2月は前年比-0.3%、7カ月連続の下落=総務省


[東京 26日 ロイター] - 総務省が26日発表した2月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.4となり、前年同月比0.3%下落した。前年比での下落は7カ月連続。都市ガス代やガソリン代などがマイナス方向に寄与したほか、高等教育の無償化による大学授業料の低下も効いた。ロイターがまとめた民間予測はマイナス0.4%だった。

前年同月比では1月のマイナス0.5%から下落幅が縮小した。政府の需要喚起策「GoToトラベル」事業の一時停止の影響で宿泊料が下落幅を拡大した一方、原油価格の下落の影響がやや和らぎ、エネルギーによる指数の下押し圧力が緩和された。生鮮食品を除く食料の下落幅も縮小した。

東京都区部の総合指数は前年比0.3%下落。生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.2%上昇した。

(杉山健太郎 編集:石田仁志)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  8. 8

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。