記事

「百戦錬磨の集中力と体力」ラグビー選手が医学部に続々合格する理由

1/2

2019年ラグビーW杯で日本代表の史上初8強入りに貢献した福岡堅樹氏(28)が、順天堂大学医学部に合格した。麻酔科医の筒井冨美氏は「調べてみると、多忙な医学部の授業をこなしつつ、スポーツ分野でも体育学部の学生を凌ぐような結果を出す医大生アスリートが増えている」という――。

1次リーグ・日本-スコットランド。後半、トライを決める日本代表の福岡堅樹=2019年10月13日、横浜国際総合競技場
1次リーグ・日本-スコットランド。後半、トライを決める日本代表の福岡堅樹=2019年10月13日、横浜国際総合競技場 - 写真=時事通信フォト

「文武両道の極み」ラグビーの福岡堅樹が有言実行で医学部合格

「この度、順天堂大医学部に無事合格することができました!」

2019年のラグビーワールドカップ(以下W杯)日本大会で大活躍し、日本代表チームの8強入りに貢献した福岡堅樹氏(28)が順天堂大学医学部に合格した。2021年2月20日、自身の公式ツイッターで発表すると、その有言実行ぶりに大きな反響を呼んだ。

福岡氏は「父は歯科医師、祖父は内科医」という医師家系に生まれ、幼少期より文武両道に優れていた。ラグビーと医師の夢を両立できる進路として、県立福岡高校(福岡)から筑波大学医学専門学群を志望したものの不合格、一浪して再チャレンジしたが夢はかなわず、後期試験で同大学情報学群に進学してラグビー部に入部した。

ラグビー部では同大学の体育専門学群の学生に交じって頭角を現し、2015年W杯日本代表に選出された。卒業後はパナソニックに所属し「2019年W杯、2020年東京五輪を経て医学部再受験」を公言していたが、20年のコロナ禍によるオリンピック延期を受けて同年6月には「オリンピック出場を断念して医大受験に専念する」と記者会見で公表した上でのチャレンジで、快挙をつかんだ。

2020年に独協大医学部に入学した朝比奈沙羅氏(24歳、2018年世界選手権女子78キロ超級優勝)に次いでの、トップアスリート医学部合格のニュースである。今回は、最近増えてきた医学生アスリートたちについて紹介してゆきたい。

※筑波大学の「学群/学類」は一般大学の「学部/学科」に相当

医学生アスリートのキーワードは「筑波大」「ラグビー」「陸上」

●川瀬宙夢(ひろむ)(筑波大学医学群医学類6年):陸上選手、2020年箱根駅伝出場往路9区出場

愛知県の中学校時代より陸上部に所属し、3000m障害などで好成績を出していた。県立刈谷高校から一浪で筑波大医学専門学群に進学後、陸上部(長距離・駅伝)に所属していた。4年生だった2019年には駅伝主将をつとめるも箱根本選出場をかけた予選会を突破できなかった。


2020年箱根駅伝・川瀬宙夢選手

5年生でも選手として現役を続け、2019年には「日本インカレ3000m障害」4位という好成績をマーク。同時にこの年、筑波大は箱根駅伝予選会を26年ぶりに突破する。そして、2020年正月の本選は「箱根駅伝初の医学生ランナー」として注目された。2021年2月に受験した医師国家試験に合格すれば、次年度より茨城県内の総合病院で研修医として働き始める予定である。

筑波大学は国立大で唯一、医学部と体育学部があり、体育学部は元Jリーガーの中山雅史氏などアスリートを輩出する名門校である。また多くの総合大学では、「附属病院のある医学部は市街地」「運動施設の必要な体育学部は郊外」とキャンパスが分散しているが、筑波大学は全学部がつくば市の1カ所に集結しているので、多忙な医学生でも授業や実習の前後に、体育学部の練習施設を利用しやすい。

筑波大では陸上競技部やラグビー部員の多くは体育学部生だが、他学部生でも運動能力があれば入部は許可されることが多い。身体能力が高ければ川瀬氏のような医学部生や福岡氏のような情報学群生もチャンスが与えられる風土がある。

しかしながら、福岡氏が苦戦したように首都圏の国公立大医学部入試は難関かつ激戦である。共通テスト(旧センター試験)では正解率が85%以上を求められる。また同大医学部には「スポーツ推薦」のような制度はなく、「文武両道」を目指す高校生にとっての高いハードルとなっている。

●中田都来(とらい)(筑波大医学群医学類4年):ラグビー部

「父親が関西大出身ラガーマン、母親が医師」という家庭に生まれ「トライ」と名付けられた。5歳よりラグビーを始め、成績も優秀で、名門灘中高に合格した。運動能力も高く、高校時には、ラグビー兵庫県選抜チームにも選出された。「国立大医学部でトップレベルのラグビー部のある大学」として筑波大学医学部に挑み現役合格した。同大学では体育学部のスポーツ推薦学生などと切磋琢磨しつつ、レギュラーの座を獲った。

●古田京(きょう)(慶應義塾大医学部6年):元ラグビー部主将

5歳よりラグビーを始め、「ラグビーの強い中学校に行きたい」と慶應義塾普通部(中学校)に進学した。慶應義塾高校から内部推薦で医学部に進学しつつ、ラグビー部活動は継続した。練習場のある横浜市の日吉グラウンドと医学部本部のある新宿区信濃町キャンパスは電車で約1時間の距離だが、寮生活などで工夫して練習時間を確保した。4年生になった2018年には同大ラグビー部119年史にして初の医学部生キャプテンとなった。5年生以降はラグビー第一線を退いて、病院実習中心の生活を送っている。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  4. 4

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  5. 5

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

  6. 6

    【ウォルマート】、戦友マクドナルドと決別!コロナ禍でそれぞれの成長ベクトルが乖離?

    後藤文俊

    04月10日 09:11

  7. 7

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  8. 8

    東京出身者が語る、東京暮らしのしんどさ「人口密度と満員電車は異常」

    キャリコネニュース

    04月10日 15:18

  9. 9

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  10. 10

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。