記事

ダイエットだけじゃない、有酸素運動の意外な効果

画像を見る

有酸素運動と言えば、ウォーキングやランニング、水泳やエアロビクスなどが思い浮かびます。普段、運動不足の人にとってはどれもキツい運動ではありますが、ダイエットをするには欠かせないもの。だけど、有酸素運動の効果は脂肪燃焼だけではないのです。

■脂肪を効率よく燃やす有酸素運動の方法は?

有酸素運動とは、長い時間をかけて呼吸器・循環器系機能を刺激する運動をいいます。といっても、単純にキツい運動をすればいいというものではありません。きちんとした効果をあげるには最大心拍数を基準として、どの程度の運動を行うといいのか確かめる必要があります。

例えば、30歳の人の場合、220から年齢の数を引いた190が推測される最大心拍数となります。この数値の60%から80%の間になるよう、有酸素運動を行うと、脂肪燃焼の効率がよいと言われています。体力に自信がない人は低めの60%から始めるといいでしょう。

■有酸素運動でがんやうつ病も克服できる!?

有酸素運動の効果としては、脂肪を燃焼させて中性脂肪やコレステロール、すなわちダイエットに効果があることはよく知られていますが、長い目で見ると生活習慣病の改善につながり、高血圧や心臓まわりの疾患、がんを引き起こす要因を小さくすることができます。また、運動によって脳内ホルモンの分泌が促され、うつ病が改善されるという海外の研究報告もあります。

■運動を始めるなら、かっこいいシューズを買ってみよう

ダイエットや体調改善を目的にするなら、やはり1週間のうちに3日は有酸素運動ができる時間を作り、続けていくことが必要です。ジムに通ったり、近所をウォーキングすることから始めるのが理想ですが、なかなか取りかかれないもの。そこで、思い切ってカタチから入るのも一つの方法です。好みのデザインのランニングシューズやスポーツウェアを買えば、着る機会が楽しみになるはず。

リンク先を見る

長く、習慣になるように運動を続けるのが理想ですが、なかなか続かないのが実際のところ……。でも、形から入ったり、ジムに入会してお金を使ってしまうと強制力がつくかもしれませんね。

「一生太らない体のつくり方」(石井 直方)の詳細を調べる

あわせて読みたい

「健康」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  8. 8

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  9. 9

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  10. 10

    「週6で働いて手取り15万円」「23時まで残業して月16万円」 低すぎる手取りに疲弊する人々

    キャリコネニュース

    05月18日 16:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。