記事

ナマポ感覚で人権を語る片山さつきが斬新すぎてワロタ

自民党の憲法改正草案が議論を読んでいます。

人権がなくなるだの徴兵制の前触れだの、いろいろな憶測を呼んでいます。

争点となっているのは、現行憲法における「公共の福祉」が「公益及び公の秩序」という文言に置き換わっているということです。

自民党が設けたこちらのサイトでは、このことについて、次のような説明が加えられています。

Q14「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に変えたのは、なぜですか?

従来の「公共の福祉」という表現は、その意味が曖昧で、分かりにくいものです。そのため学説上は「公共の福祉は、人権相互の衝突の場合に限って、その権利行使を制約するものであって、個々の人権を超えた公益による直接的な権利制約を正当化するものではない」などという解釈が主張されています。

今回の改正では、このように意味が曖昧である「公共の福祉」という文言を「公益及び公の秩序」と改正することにより、憲法によって保障される基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないことを明らかにしたものです。

なお、「公の秩序」と規定したのは、「反国家的な行動を取り締まる」ことを意図したものではありません。「公の秩序」とは「社会秩序」のことであり、平穏な社会生活のことを意味します。個人が人権を主張する場合に、他人に迷惑を掛けてはいけないのは、当然のことです。そのことをより明示的に規定しただけであり、これにより人権が大きく制約されるものではありません。

日本国憲法改正草案Q&Aより


まず、従来の「公共の福祉」の定義はぜんぜん曖昧じゃねーし、むしろあんたらの提唱する「公益及び公の秩序」の方がよっぽど曖昧だし怪しいよというツッコミようがこの文言にはありますがそれはともかく、主に2点重要なことがわかります。

1つは、基本的人権は改正案で削除されたわけではない、ということ。

そしてもう1つ、新しく追加されたこの「公益及び公の秩序」には解釈とその運用に大きな幅があり、したがってそれを含む基本的人権自体も、その概念に少なからぬ変容があるぞ、ということです。

そして昨日、自民党所属のとある参議院議員さんから、その運用の指針となるようなすっばらしい「思想」が提出されました。

OH! これぞNA☆MA☆PO感覚!!どうやら片山さつきさんは、「国を維持するためにできること」(=「公益」?)に参画しないとすれば、人権を持つ資格がない、とでもいいたいようです。これ、片山さんが生活保護で次課長河本を叩いてた時のロジックとまんま同じだと思うんですけど、それは大丈夫でしょうか。。。

ざっと眺めてみると、どうもこの片山女史の発言のインパクトがありすぎて、議論全体に大きなゆがみを作っているように思います。さらにこれに加えて、同じく自民党参院の西田昌司議員が「そもそも国民に主権があることがおかしい」「今の憲法は憲法の資格さえない、主権は国民にはない日本が長年培った伝統と歴史に主権がある」と頭がクラクラするような主権論を展開。追撃の手をゆるめません。

思うんですが、片山議員にしろ西田議員にしろ、今彼らをもっともブッ飛ばしたいと思っているのは、反自民の人でも左翼の人でもなく、選挙戦まっただ中の自民党候補のみなさんなんじゃないでしょうか。いくら優勢とはいえ、こんな頭のおかしな後方支援部隊に背中からズドンズドンと誤射を打ち込まれていてはたまったものではありません。こんなとんちんかんな発言も許してくれるんですからね。まったく心が広いってもんよ、人権てぇやつは!

最後に、先のQ&Aを眺めますと、どうも自民党は、既存の人権概念が西欧の思想に由来するということが気に食わないみたいです。頭の先からつま先まで近代法治国家である現代日本において、憲法(←これも西欧的概念じゃね?)をちょろっと変えただけで何かが変わると考えるその破滅的な頭の悪さはさておき、その代替案として出てきた発想が、ナマポ騒動のときと同じく「働かざるもの食うべからず」だなんて!まぁ、まったく!美しい国、日本!

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  8. 8

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。