記事

自民党国防議連で尖閣諸島の領海、領空保全について議論

本日、国防議連を開催し、「尖閣諸島の領海及び領空保全における現状と課題」について齊藤元空幕長と内嶋元自衛艦隊司令部幕僚長からヒアリングを行った。

前回に続き、問題意識は以下である。海上警備行動の武器使用権限は、警察職務法第7条に準ずるため海上保安庁と同じであること(海上保安庁法の第20条2項は「不審船」を対象としている)また、防衛出動までの流れは、以下の図の通りで、迅速かつ円滑な手続きであるとは言い難い点であり、その隙間を法整備で埋めていかなければならない。


まず、齊藤氏から自衛隊法第84条の領空侵犯措置では限界がある等の説明が行われた。平成20年の洞爺湖サミットの際は、開催中のハイジャック機によるテロ攻撃等に備えて関係部署で協力し、自衛隊は「調査研究」目的で戦闘機等の航空機を展開し、場合によっては対領空侵犯、治安出動での対応で備えたとのことである。

中国は海警法の改正により管轄海域「上空」でも法執行可能となった。補足として、事務局から部分的に資料を提示し、中国船が艦載ヘリコプターやドローン等でなんらかの武器使用があった場合、これらに対して領空侵犯措置では公海上空での対応は限界があるのではないかと領空警備の必要性を提起した。


内嶋氏からは、冒頭、「施政権下にあるので、上陸調査等のできることをしっかりと行って欲しい」と強く訴えがあった。また、海上警備行動の武器使用権限は警察職務法の第7条に準ずるため、領域警備特定の事象だけに特化した法整備ではなく、しっかりと現行法の穴を埋める法整備が必要であるとの説明が行われた。

参加議員からは「警職法7条を相手が凄まじい武器を持っていることを踏まえてもう一度発動要件を整理して欲しい」など政府に求める意見が出た。

海上保安庁の武器使用権限の拡大、自衛隊の領域警備の法整備が必要である。明日は、陸の観点から有識者を招きヒアリングを行う。

あわせて読みたい

「尖閣諸島」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  3. 3

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  6. 6

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  9. 9

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  10. 10

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。