記事

「テレワークだからイノベーションが起こらない」は思い込み。足りないのは、仲間といっしょに仕事をする「場」だ

1/2

コロナ禍を受け、テレワークを導入したものの、オフィスの時と比べると「何か」が足りない……。

そんな課題を抱えている企業は少なくないでしょう。株式会社テレワークマネジメント代表取締役の田澤由利さんは、「テレワークには"場づくり"が欠かせない」と話します。

今回はイノベーションをはじめ、テレワークでは足りない「何か」を起こす働き方のポイントを、田澤さんに解説いただきました。

「テレワークだと、社内でイノベーションが起こりにくい。どうすればいいか」

コロナ禍における緊急事態宣言後、長年テレワークのコンサルティングをするわたしに、複数の大手企業担当者からこんな相談が相次いだ。

コロナ禍をきっかけにテレワークを始める企業ではない。コロナ前からテレワークの制度を導入し、コロナ禍において、多くの社員が長期に渡り、テレワークを実施。そしていまも続けている……。

そんな企業から、なぜいま、「イノベーション」という言葉が出るのか。その答えをお話する前に、そもそも「テレワーク」とは何なのかから、説明しよう。

「一部従業員のため」から「社員全員へ」激変したコロナ禍のテレワーク

国は、テレワークを「ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」と定義している。

単に、場所にとらわれず自由に働くことではない。これまで固定されていた、働く時間と場所を柔軟にすることで、企業は生産性を高め、働く人は自分のための時間を確保することができる。また、時間と場所に制約があり、働くことができなかった人も、働けるようになる。

テレワークは、少子高齢化が進み、労働力人口が減少し続ける日本にとって不可欠な「働き方のコンセプト」である。

しかし、国が推進の旗を振っても、日本では、なかなか浸透しなかった。総務省の「令和元年通信利用動向調査」によると、コロナ前において、テレワークを導入している企業の割合は『20.2%』。

テレワーク制度導入済み企業でも、半数近くが「利用している従業員は5%未満」。テレワークの制度導入は少しずつ進んではいるものの、一部の従業員しか利用していない、というのが実情だった。その理由は、多くの企業が、子育て支援など、一部の従業員のための福利厚生的な位置づけだったからだろう。

それがコロナ禍で、激変する。東京商工リサーチの調査によると、2020年4月~5月の緊急事態宣言下において、在宅勤務を実施した企業は、大企業で8割以上、中小企業でも5割以上。全国平均で『55.9%』にも上った。

しかし、突然のテレワーク実施には、無理があったのだろう。宣言解除直後は、出社する社員が増え、実施率は大きくさがる。

ところが、解除3か月後の数字をみると、少しではあるが増加している。この数字を裏付けるように、中小企業経営者から、「緊急事態宣言下では、機材やネット環境が整わず在宅勤務ができなかったが、今後のために導入したい」という相談が少なくない。

調査は異なるものの、コロナ禍前の総務省調査と比較すると、特に中小企業が大きく伸びている。この動きは、さらに進むと思われる。テレワークが、アフターコロナに向けたニューノーマルな働き方となるのは、間違いないだろう。

コロナ禍で気づいた「オフィスでのコミュニケーション」の重要性

今回の「社員の多くが長期間テレワークをする」という経験で、テレワークの課題が見えるとともに、日本の多くの企業や社員が気づいたことがある。

これまで当たり前のように通っていた「オフィス」の重要性だ。

テレワーク用に、パソコンは1人1台ある、インターネット環境も用意した。Web会議ツールやチャットツールも導入した。確かに、オンラインで会議は開催できる。業務指示はチャットで可能だ。しかし、テレワークでは何かが足りない。

それは、オフィスで行われていた「コミュニケーション」だった。業務のホウレンソウはもちろん、仕事の合間の雑談、上司や仲間へのちょっとした相談、自然に耳に入ってくる新しい話、自然発生的に盛り上がるディスカッション・・・。

これらがテレワークだと、「相手の状況がわからないので、声をかけにくい」「会議がない日は誰ともしゃべらない」「雑談ができず、孤独になる」。

そしてこの状態が続くと、業務の生産性低下だけでなく、チームの連帯感の低下、アイデア創出の場の喪失が起こる。その結果、冒頭の「イノベーションが起こらない」という課題につながっていく。

解決策としてのクラウド上の仮想オフィス

緊急事態宣言が解除され、人々が動き始めた2020年7月から9月。テレワークマネジメントが代理販売しているクラウドサービス「Sococoバーチャルオフィス(以下、Sococo)」への問い合わせが急に増えた(前年度比約3倍)。

日本でバーチャルオフィスというと、「会社登記をして、電話対応や郵便受取をするサービス」を想像しがちだ。しかし、Scococが実現するのは、クラウド上に存在する「仮想オフィス」である。

日本企業の多くは、チームで仕事をすることを基本としている。たとえ社員が離れた場所で働くテレワークでも、コミュニケーションをとりながらともに働ける「場」が必要だ。それがあれば、日本でのテレワークは広がるに違いない。

実際、Sococoのデモをすると、多くの人が驚き、賞賛してくれた。しかし、なかなか売れなかった。理由は、「一部の社員のテレワークでは、そこまで必要ない」からだった。

しかし、コロナ禍において、多くの企業が気づいた「真の課題」の解決策として、いま、ようやく「仮想オフィス」が注目されているのだと想像する。

特筆すべきは、テレワーク実施中の大手企業からのアプローチが増えたことだ。ある大手企業は、プロジェクトチームを組み、まだ日本語化されていない海外のサービスも含めて集中的に試用している。そして、機能を比較し、仮想オフィスの本格導入を検討している。

リアルのオフィスを縮小しつつ、仮想オフィスを併用することにより、より広く人材を確保し、生産性を高める。そうすることで、テレワークが進むアフターコロナ時代でも「イノベーション」を起こせるよう、備えているのではないだろうか。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。