記事

響き渡った女子中学生の悲鳴…北朝鮮「闇病院」での出来事

韓国の国立釜慶大学政治外交学科のイ・ソンボン教授は、「北朝鮮保健医療体系の形成過程と特徴」と題した論文で、北朝鮮の医療制度の核心的要素として無償治療制、医師担当区域制、予防医学、高麗医学の4点を挙げた。

大雑把にまとめると、北朝鮮国民なら誰もが無料で医療サービスを受けられ、地域ごとに住民の健康を管理するかかりつけ医を配置、病気を未然に防ぐための活動を行うと同時に、伝統医学にも力を入れているということだ。

論文では、北朝鮮は1948年の建国前から1980年代に至るまで、「チュチェ(主体)的保健医療体制」を構築し、医療施設や人員を拡充、同じ経済レベルの国と比べて医療施設、医療従事者の数が多く、保健医療の指標も急激に向上したと評価している。一方で、医療システムは旧共産圏からの支援に依存しており、それが途絶えた1990年代以降に急速に崩壊、西洋医学ではなく伝統医学、民間療法に頼らざるを得なくなった点も指摘している。

(参考記事:医薬品不足が深刻な北朝鮮、政府の対策は「病院で作れ」

国営の人民病院への期待を失った北朝鮮の人々は、私設のクリニック――つまりは「闇病院」で診療を受けることが少なくない。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、そんなクリニックを営んでいた医師夫婦が摘発され、政治犯扱いされかねない状況に追い込まれていると伝えた。

清津(チョンジン)市内の咸鏡北道人民病院で、産婦人科医師として働いている女性は夫と共に自宅にクリニックを開設し、患者を受け入れてきた。

一般的に社会主義諸国では医師の社会的地位が低いが、北朝鮮もその例外ではなく、月給は他の労働者と変わらず、最上級の1級医師でも5000北朝鮮ウォン(約75円)、駆け出しの6級医師ならその3分の1ほどだ。そのため、患者からワイロを受け取ったり、自宅でクリニックを開業しなければ生きていけないのだ。

問題が明るみに出たのは最近のことだ。妻は、浦港(ポハン)区域に住む女子中学生の妊娠中絶手術を行うことにし、午前中に薬を投与した後に、クリニックを出て本来の勤め先の人民病院に出勤した。退勤後に処置を行うつもりだったのだ。ところが、その間に激しい痛みを覚えた女子中学生がクリニックを飛び出し、悲鳴を上げて通行人に助けを求める騒ぎが起きてしまった。

夫婦が良い暮らしをしていることを妬んでいた一部の近隣住民は、これ幸いとばかりに、事件を安全部(警察署)に通報、朝鮮労働党の咸鏡北道委員会、清津市委員会にまで報告が上がる事態となった。

(参考記事:山に消えた女囚…北朝鮮「陸の孤島」で起きた鬼畜行為

住民の間では「党と政府の政策に反する行為を行ったのだから、重い法的処罰を受けるだろう」と噂されている。反動分子扱いとなったため、管理所(政治犯収容所)送りになる可能性すらある。なぜか。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

北朝鮮では、妊娠中絶のみならず避妊までもが禁じられているのだ。金正恩総書記が2015年に下した、深刻化する少子化対策として避妊手術と妊娠中絶手術を禁じるという指示に基づくもので、違反者は最高で3年の労働教化刑(懲役刑)に処される。

(参考記事:「避妊するな」金正恩命令でも進む少子化…首都・平壌も例外なく

経済を安定させ、医療システムを再構築することこそが最も有効な少子化対策なのだが、非常に深刻な弊害を生んでいる避妊、中絶禁止策は未だに続けられている。

(参考記事:北朝鮮で「捨て子」が深刻化…背景に「避妊・中絶」禁止

ところが、一般の妊娠中絶に加え、胎児を掻き出す掻爬手術、避妊手術、さらには医師免許を持っていない夫がえくぼ、二重まぶたの整形、眉の入れ墨などの医療行為を行っていたことまで判明し、単純にカネ儲けではなく、「党の出産奨励政策を妨害する罪で、反党的行為」(情報筋)として、反動分子扱いされるに至ったのである。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  3. 3

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  4. 4

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  5. 5

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  10. 10

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。