記事

ダウンタウンの育ての親が「東京でずっと暮らすとバランスが悪い」と話す理由

1/2

吉本興業の大﨑洋会長は2011年より、全国47都道府県に芸人を派遣している。もともと2億円の赤字を見込んでいたというが、なぜ実施に至ったのか。鳥取大学医学部附属病院の原田省病院長が聞いた――。

※本稿は、鳥取大学医学部附属病院広報誌『カニジル 6杯目』の一部を再編集したものです。

東京でずっと暮らしていると「バランス」が悪くなる

【原田省(鳥取大学医学部附属病院長)】大﨑さんが坪田信貴さんと出された『吉本興業の約束』(文藝春秋)を読ませて頂きました。この本では〈吉本が考える地方創生〉と1章を割いて、地方創生に触れられています。そこで是非、大﨑さんに米子と病院を見て頂きたいと思ったんです。大﨑さんが“地方”を気に掛けるようになったのはいつ頃からなんですか?

鳥取大学医学部附属病院の原田省病院長(左)吉本興業会長の大﨑洋氏(右)
鳥取大学医学部附属病院の原田省病院長(左)吉本興業会長の大﨑洋氏(右) - 撮影=中村治

【大﨑洋(吉本興業会長)】ぼくは大阪の堺で生まれて、なぜか吉本興業(以下吉本)に入りました。入社して6年目に会社が東京で事務所を作るっていうので、レンタカーを借りて布団とか積んで東京に行ったんです。

【原田】漫才ブームの頃ですね。

【大﨑】ええ。それでバタバタして気がついたら、もう何十年も経っていた。あるとき、新宿の(JR)ガード下で電車の通る音を聞いて、突然、昔を思い出したんです。こんな音、子どもの時以来、聞いていなかったなぁって。なんか東京でずっと暮らしているとバランス悪いなと思うようになったんです。

【原田】私は出張でしばしば東京に行きます。東京は便利で魅力的な街ですが、日本の中で特別な場所。東京を標準に考えることはできないと思います。

47都道府県に契約社員一人ずつを雇うプロジェクト

【大﨑】それで十年前の(2010年)12月頃に、東京の下町の本郷で、今の社長の岡本(昭彦)君と銭湯に行って、サウナに入っていたんですよ。するとNHKで、地方が疲弊していて若者が働く場所がないというニュースが流れていた。隣りに座っていた岡本君に「お笑いって産業にもならへんし、沢山の雇用を創出するわけではないけれど、47都道府県に契約社員一人ずつ雇って、地方から大阪や東京に出てきている芸人を住まわせたら、おもろいんちゃうか」って話したんです。

【原田】それが「47都道府県住みますプロジェクト」となった。

【大﨑】(2011年)1月4日に吉本のホームページに、プロジェクトを始めます、契約社員募集しますって載せました。そうしたら、5千人ぐらい募集があったんです。その中から面接して47人採りました。4月1日、(通常採用の)新卒の子たちと一緒に入社式をしました。そうしたら、〈住みます社員〉の子たちが、胸張って、地元のため、故郷のために頑張りたいと言うんです。その思いと熱量に驚きました。

住みます芸人に学ぶ「生き残る力」

【原田】ここ米子もそうですけれど、地元に熱い思いを持つ若者は多いです。とはいえ、吉本も民間企業。彼らを雇うことで、大きな赤字が出れば経営者としてはまずい。

撮影=中村治

【大﨑】(大きく頷いて)実家に住むという芸人はともかく、契約社員には給料を払わないといけない。財務(担当)に相談したら、2億2、3千万ぐらい赤字が出るっていうんです。それだったら、まあいいかと始めました。ところが、一年経ってみたら、百何十万なんですけれど、黒字でした。芸人の若い子たちが、昨日来て明日帰りますではなくて、本当に住んだのが大きかった。その決意が伝わったのか、地元の方々に可愛がってもらったんですね。

【原田】ただ、地方は東京や大阪と違って、芸人の仕事は多くないと思うのですが……。

【大﨑】大きいのはなくても小さいのがあるんです。町役場や村役場に、「ぼくたち吉本から来ました、ここに住んでます」って挨拶に行って、コミュニティFMのラジオの仕事をもらったり、村祭りの司会をして一日何千円の世界。それを積み重ねての黒字でした。芸人って、一人ひとりが個人事業主なので、気合いが入っている。喋りだけで、一生食っていこうという連中なので、ぼくらみたいなサラリーマンよりも生きる力があるんです。

【原田】文字通り、舌先三寸(笑)。

【大﨑】地方に行って、住みます芸人とか住みます社員にたまに会うんです。そうしたら、老いたら子に従え、じゃないんですがその子たちに教わることが多い。この生き残る力っていうのは、ぼくらのエンタメ(業界)、吉本の原点じゃないかなと思うようになりました。

吉本会長から見えた、とり大病院の実際

【原田】ところで、大﨑さんは米子は初めてですか?

【大﨑】いえ、実は鳥取は父方の故郷なんです。親父は大阪の堺生まれなんですが、おじいちゃんが大山の山の奥で生まれた。戦争の後、おじいちゃんが大阪に出てきて、おばあちゃんと知り合って親父が生まれた。親父が亡くなる前、故郷に分骨したいっていうんで、親父とお袋たちと車に乗って分骨の場所を見に来ました。行ってみると田んぼの畦道のところにぽつんと石が置いてあって、ここですって言われて(笑)。それが25年前です。

【原田】今回、PCR検査で陰性を確認してから、病院を見学して頂きました。大﨑さんの目に、とりだい(鳥取大学医学部附属)病院はどう映りましたか?

【大﨑】ぼくみたいな素人がふっと来て、お邪魔なはずなのに、いろいろと説明してくださった。皆さん温かく丁寧。わざわざぼくのために、っていうんではなく、それが普通、いつもこんな感じで仕事をなさっているんだろうと感じました。あまり褒めてしまうと、嘘臭くなってしまいますけど(笑)。

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  2. 2

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  3. 3

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  4. 4

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  5. 5

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

  6. 6

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  7. 7

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  8. 8

    田中邦衛さんのこと  『北の国から』と北海道らしさと、さだまさしの破壊力

    常見陽平

    04月14日 14:22

  9. 9

    大阪1000超え 変異株の恐ろしさ

    中村ゆきつぐ

    04月14日 13:45

  10. 10

    全国の新規感染者、1月28日以来の4000人超え

    ABEMA TIMES

    04月14日 21:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。