記事

フリーランスライターとしての僕なりの表現方法と心掛けていること

リンク先を見る

「フリーランス・ライター」と名乗ってはいませんが、僕の実際の仕事はライターの仕事も多いです。フリーランス・ライター。「ボジョレー・ヌーボー」のような美しい響きです。という記事に(表現が面白いという意味で)噴き出したため対抗して書いてみます。僕はこのネタをコーナー化できるかは極めて怪しいですが、とりあえず1本書いてみます。

■0:フリーランス・ライターになった背景:プロとしての経験はないよ

僕は雑誌編集者(ライフスタイル誌)に憧れていたこともあり、大学2年次に宣伝会議の「編集者・ライター養成講座」に通っていました。2006年のことです。結果的には広告に大きく依存したビジネスモデルに嫌気が差し、編集者を志すことは辞めました。

書くことは昔から純粋に好きで、学生時代も1,000本以上は記事を書いていましたし、なんだかんだでずっと1週間に1本くらいは何かを書いていました。まともな仕事といえばサラリーマン時代にインタビュー記事をいくつか書いたことくらいでしょうか。原稿料をいただいて他メディアで書くようになったのは独立してからです。量をこなせばいつかは質に転換するというのは、同意できますね。

■1:最も心掛けることは、強い表現を探すこと

ここからがライターとして普段心掛けていること。編集者に同行していただいた取材では内心キレられたこともありそうな気がしますが、とりわけ取材記事に関しては、その人やそのサービスにまつわる最も強い表現を探すことに最も力を入れています。そのため雑談比率が相当高いはずです。強い表現を軸に構成を組みます。取材記事ではなくても、強い表現を探し、極力タイトルや小見出しに付ける習慣があります。ありきたりなタイトルや小見出しは避けるようにしています。

■2:大枠のストーリーを描く

タイトルだけで伝えたいことが終わってしまうこともあるにはあるのですが、伝えたいことの背景となるファクトをどの順序で見せれば魅力的に見えるかを考えます。分析や考察であれば納得感が出るような見せ方にし、インタビュー記事であれば読み手に興味を持ってもらいやすい構成でのストーリーや、自分が聞いていて一番面白いと思うストーリーを拡げます。

■3:言葉を整理する感覚

これが記事を書いていて、ここ1年くらいで一番変わってきたことですが、どの言葉を用いれば上手く伝わるだろうかということを意識して、言葉を整理するようになりました。推敲をきちんとするようになったとも言い換えられるかもしれません。気がつけば横文字ばかりのルー大柴的な記事になっていることもおかしくないです(意図的にそうすることもありますが)最近は極力清く正しい日本語を用いるように心掛けています。

■4:レコーダーなどでの録音は一切しない 

おそらく多くの方が取材ではテープレコーダーを回すと思うのですが、僕は一切回しません。理由は3つあって、1つ目はその場で印象に残ったことをメモすればそれで十分。2つ目はわざわざ聞き返さない。録音しているとという保険的な感覚がライブでの集中力を落とすから。3つ目は録音を追うと、話した順番に文章を整えることに引きづられてしまうから。聞きそびれたことのバッファとしての録音という意味合いが大きいでしょうが、そのほとんどが無駄ですし、クリエイティビティを奪いすらします。よほど失敗できない時以外は録音はしません。

■5:できるだけ取材した日に記事を書く

これは業務効率化の観点でもあるのですが、おそらく8割くらいの確率で取材した場合はその日に記事を書いています。記憶があるうちに書いた方が良いというのが最大の理由ではありますが、取材対象者も早くフィードバックが欲しいと思うものでしょう。諸処の確認ですぐに取材対象者へ確認依頼を送れないことも多いですが、仕事が早いに越したことはない。

こんなところでしょうか。継続的に文章を書いて発信している人は案外少ないもので、数本バズったブロガーでもすぐに記事を書かなくなり消えていく人も少なくないです。もったいないなといつも思います。逆に大手メディアで継続的に書いている人でも、「この人の記事、面白い?」と思うものも少なくないです。

「こいつの書く記事はつまらないな」と思われないよう、粛々と表現力を上げて頑張っていきたいと思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  9. 9

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  10. 10

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。