記事

スマホ依存と「うつ」との関連性指摘、「肥満」に繋がる可能性も

「スマホ脳」はうつや肥満も招く(写真/GettyImages)

 2007年、米アップル社が『iPhone』を発売してから14年が経ったいま、何よりも触れる回数が多いかもしれない存在がスマホだ。しかし、そのスマホが心と体を蝕もうと牙をむき始めている──。

 スウェーデン出身の精神科医・アンデシュ・ハンセン氏の著書『スマホ脳』(新潮新書)では、スマホをなどのデジタル端末がもたらす人体への影響について言及。世界13か国で翻訳され、大ベストセラーになっている。

 つねにスマホばかりを触ってしまう「スマホ依存」が、脳へ悪影響を与える可能性があるといわれているが、さらに近年、強く指摘されているのがスマホとうつの関連性だ。

 米ニューヨーク州のビンガムトン大学の研究者が大学生を対象とした研究によれば、日常生活においてスマホを「のめり込んで使用」あるいは「依存症」のレベルで使用している学生には、抑うつ傾向がみられたという。同様の研究結果はオーストラリアや中国でも確認されている。

 また、うつ病とともに懸念される身体的不調は、デバイスが発するブルーライトと肥満の関連性だ。ブルーライトの光には空腹ホルモンであるグレリンの量を増やす特殊な働きがあり、食欲を増進させて体に脂肪をためやすくする働きがある。これは、慶應義塾大学をはじめとして国内外の複数の研究チームが指摘している。

 認知症の専門医で「もの忘れ外来」を開設する奥村歩さんはスマホに伴う肥満は、「依存症の連鎖」も一因だと解説する。

「例えば、いきなり覚せい剤依存症を発症する人はあまりおらず、まずはアルコールに依存し、次に大麻、そして覚せい剤に手を出して依存する。同様にスマホに依存する人が徐々に甘いものへの欲求を抑えられなくなり、それがエスカレートして、肥満を併発するケースは散見されます」(奥村さん)

※女性セブン2021年3月4日号

あわせて読みたい

「依存症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  4. 4

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  5. 5

    無理筋な「イラネッチケー」裁判判決

    自由人

    03月06日 18:09

  6. 6

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  7. 7

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  8. 8

    なぜ、いま渋沢栄一なのだろう?

    ヒロ

    03月07日 10:37

  9. 9

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  10. 10

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。