記事
  • ロイター

HSBC、アジアWM業務重視の戦略 2020年は34%減益


[香港/ロンドン 23日 ロイター] - 英金融大手HSBCホールディングスが発表した2020年通期決算は税引き前利益が34%減少した。HSBCは長期利益率目標を取り下げ、アジアの富裕層向け業務に重点を置く新たな戦略を発表した。

2020年の税引き前利益は87億8000万ドル。前年の133億5000万ドルから34%減少したが、HSBCがまとめたアナリストの予想平均(83億3000万ドル)は上回った。

HSBCは低金利環境と市場の厳しい状況を理由に、有形自己資本利益率の長期目標の10─12%を撤回し、代わって10%という中期目標を設定した。

1株=0.15ドルの配当を発表。2020年は新型コロナウイルス禍を受け、英大手銀行は配当や自社株買いが禁止されていた。

HSBCは従来のような四半期配当は取り止め、2022年以降は普通株1株利益に対し40─55%の配当性向を目指すと述べた。22年以降の配当は近年の水準をかなり下回ることになる。

技術部門など一部後方事務部門を大幅に縮小する。具体的な人員削減数は明らかにしなかった。2020年には1万1000人削減し、さらに削減する可能性を示唆している。

<アジアに集中、その他は縮小>

HSBCは新たな業務戦略でアジア重視の方針を示した。大中華圏を中心にアジアのウェルスマネジメント(WM)業務や国際ホールセール業務に向こう5年で約60億ドル追加投資する。

投資銀行業務では、資本や投資、社員の面で欧州・北米からアジアへリバランスを図るとした。

その他の不振業務については、1年あまり前から売却しようとしている仏リテール部門を巡り買い手候補を交渉に入っていると説明した。

昨年80の支店を閉鎖した米リテール部門については「オーガニック、非オーガニックな選択肢を模索している」とした。すでにロイターなどのメディアは、HSBCが米リテール業務から撤退しようとしていると報道している。

コロナ禍を受け、世界の主要企業は働き方の改革に乗り出している。HSBCは、決算発表後のアナリスト会見で、経費削減策の一環で長期的に世界全体でオフィスのスペースを半分程度に縮小し、出社する人を40%減らす計画を明らかにした。

*最終段落を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  2. 2

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  3. 3

    中国が台湾産パイナップルを輸入禁止に 自民・城内氏「買って台湾を応援しましょう」

    城内実

    03月04日 16:49

  4. 4

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  5. 5

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  6. 6

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  7. 7

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  8. 8

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  9. 9

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  10. 10

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。