記事

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで… 2月23日は野口五郎の誕生日 - 近藤 正高

2/2

華やかな経歴の裏で、経験した挫折

 バラエティや俳優としてドラマなどでも活躍し、私生活ではタレントの三井ゆりと結婚するなど、野口の経歴は一見すると華やかである。だが、これまでには挫折もたびたび経験してきた。

 デビューする経緯からして波乱続きだった。中学時代、歌手を夢見て故郷の岐阜から上京、作曲家の米山正夫の門下に入り、デビューが決まりかけた。だが、直後に変声期が来て、自慢のボーイソプラノが出なくなってしまい、一旦はチャンスを逃す。その後、声が安定してから、1971年5月にようやくデビュー曲「博多みれん」をリリースするも、しばらくは鳴かず飛ばずで、売り込みのためドサ回りも経験した。

 アイドルとして人気を集めたのち、20代後半には、所属事務所の倒産をきっかけに独立したが、芸能界の不文律でテレビ出演を自粛せざるをえなかった。それもあって30代半ばまでは舞台を中心に活動する。

過呼吸発作に苦しむ中で野口が考えたこととは…?

 そんな時期、ミュージカル出演中に過呼吸症候群で倒れてしまう。以来、発作を何度も繰り返すようになり、一時は引退も考えたという。心をコントロールするヒントを求めて、本を読み漁ったり、さまざまな人に相談したりもしたが一向に改善しない。しかし、あるとき、「治そうとするから苦しむんだ」と気づくと、フッと楽になった。以来、病気にあらがうのをやめ、発作が起こりそうになっても冷静に受け止めるよう心がけたところ、症状が好転したという(※4)。

 加齢に対しても同様、あらがうのではなく、むしろそれを受け入れて上手に付き合っていくほうがよほど建設的だと考えるようになった。1998年には『芸能人はなぜ老けない』(ぶんか社)という著書も出している。

 そんな野口が2018年、食道がんが見つかり手術を受けた。ちょうど西城秀樹が亡くなって間もない時期で、父親もがんで亡くなっているだけに、告知を受けたときには落ち込んだ。だが、家族の支えにより安心感を抱くと、ある種の覚悟ができたという。昨年取材を受けた週刊誌の記事では、《以来、ステージに立つたびに『これが最後だ』という覚悟をもって、歌えるようになりました》と語っている(※2)。

 そこへ来てのコロナ禍で、歌手活動も大きく制限された。アプリを開発したのには、そうした状況に対する危機感もあった。《このままでは芸術が滅んでしまう》と、国会議員や自治体の首長らをまわって、アプリの導入を訴えてもいる(※5)。

 テイクアウトライブを開発したきっかけには、10数年前、冬空の下で若い路上ミュージシャンのライブをたまたま観て、彼らに未来を残したいと強く思ったこともあったという(※6)。野口がそんなふうに自分だけでなく、有名無名問わずほかのアーティストたちのことも考えて行動しているのも、やはり自分が幾度も挫折を経験してきたからだろう。彼のつくったアプリが、アーティストたちの、そして音楽の未来のためにも力を発揮することを願ってやまない。

※1 『毎日新聞』2020年12月9日付夕刊
※2 『女性自身』2020年5月12・19日号
※3 『文藝春秋』2012年5月号
※4 『ゆうゆう』2009年3月号
※5 『朝日新聞』2020年12月31日付朝刊
※6 『週刊文春』2018年6月7日号

(近藤 正高)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

  9. 9

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  10. 10

    『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

    NEWSポストセブン

    03月05日 16:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。