記事
  • ヒロ

景気の二極化、忍び寄るインフレーション

私どもが日本から輸入している書籍は船便と航空便の組み合わせですが、航空便は貨物専用ラインを介しているので過去1年、一度も滞ることなく毎週確実に輸入便を確保していました。ところが一般的には国際輸送のガタガタは今でも続き、日本郵政が国際郵便の一部を一時中止し更にその復旧が遅れたり、SAL便(エコノミー便)があてにならなくなったりしたのは単に飛行機が減便になっているだけではなく、物量が急増し、空きスペースがないという問題に変わってきています。

船便もかつてはコスト的なメリットを享受できたのですが、欧米便のスポット契約はこの1年で2倍以上に値上がりしており、国際輸送費が輸入品の価格に転嫁され、最終価格を見直さざるを得ない状況になっています。特に船便は中国発北米行きの物流が爆発的に伸び、船もコンテナも不足する事態でバイデン大統領が習近平国家主席にあまり刺激的な姿勢に転じられないのはこの物流で中国が制約をかけるとアメリカで極めて深刻な経済停滞が生じることが背景にあるのでしょう。

私が進める東京の小さな開発事業では設計事務所から施工業者に手持ち工事が多く、手一杯の上に部材の入手がタイトになってきており、工事に支障をきすかも、と言われています。多くの建設資材も中国から来ますが、モノが入ってこない、つまり奪い合いと物流のネックのダブルパンチになりつつあります。

日本国内の一般社会だけを見ればまだコロナ禍で様々な制約ある生活を余儀なくされているのに何を言っているのか、と思われるでしょう。しかし、私が肌感覚で見る消費の回復は目を見張るものがあり、富裕者層が強くリードしている上に一般層も許される範囲で消費の背伸びをし始めている状況がみてとれます。

私どもが運営するバンクーバーのダウンタウンにあるマリーナ施設は4月が年間契約の更新なのですが、今年は驚くべきほどの係留の問い合わせになっています。理由は富裕者層がクルーザーを購入しているためです。通常、ボートの市場は初心者は中古からスタートし、サイズを大きくし、いつかは新品のボートにという古典的な成長過程が未だに展開されています。ボート販売業者と話をすると新品のボートがバンバン売れており、このサイクルが急速に回っているようです。また人気あるクルーザーになると在庫そのものが払底しており、いつ、それがゲットできるかわからない状態です。これらのボートの価格は数千万円から億円単位の消費世界であります。

ホテルの部屋の稼働率も確実に上昇してきています。地元の人がホテルに泊まり、「非日常」を楽しんでいるからです。多分、日本の高級ホテルも同様のはずで、一泊数万円するホテルにリトリートとして宿泊し、スパなどの各種サービスを受け、普段見ない景色で気持ちを入れ替えるという消費もあります。

日経に二つの対照的な記事が同じ日に上がっています。「世界裂く『K字』の傷 民主主義・資本主義の修復挑む」と「たまる消費の反発力 貯蓄率、日米欧で最高水準」であります。この二つの記事を概括するとコロナの我慢生活で可処分財産が増え続ける一方、消費できないジレンマが湧き上がっていること、コロナが直撃している業種やその業界の従業員の方は厳しい状況がいましばらく続くであろうこと、仮にコロナが終息すればその消費マグマやストレスマグマが一気に需要爆発を起こし、需給バランスが崩れ、物価が上昇するシナリオが考えられることであります。

例えば仮にある時から入国規制や制限もなく、PCR検査もなしでハワイ旅行に行けるとなれば人間の行動心理学からすると一瞬で飛行機もホテルも埋まるはずです。そして価格はダイナミックプライシングのシステムを使っているのでとんでもない金額が提示されるはずです。それでもひとはそのバカ高い金額を喜んで払うでしょう。

一方、供給側である企業側は従業員の絞り込みを行っているため、スタッフが十分に確保できず、てんやわんやになるというシーンも目に見えています。同様に飲食店も国内旅行も同様で今気をつけなくてはいけないのはその衝撃があまりにも大きすぎると収拾がつかなくなるリスクさえあるとみています。

景気が「K字回復」というのは回復過程で勝ち組と負け組が生まれることです。私は飲食も旅行業界もコロナ終息を前提とすれば「敗者復活戦」で勝ち抜けるとみています。本当の負け組はコロナの間に何も工夫をせず、じっとしていたところだと思います。消費に向かうお金は均等、まんべんなくふるまわれるのではなく、価値があるところ、必要なところ、消費心をくすぐるところに向かいます。その努力を怠ってきたところは負けるでしょう。

私がいま見ているのは世界的超低金利の終わりがちらりと見える可能性です。それは何時でしょうか?もしかしたら今年の後半には金利上昇のサインが出る可能性は見込んでおかねばならないと思います。市況を見ていると資源の価格上昇がこの10年来最高の状態になりつつあり、資源関係企業の株価は棒上げになっています。また、ナスダック市場がこのところ、冴えないのは金利に対する敏感さからでこの変化はコロナで株価が底を打ってから最大の風向きの変化です。

私がバイデン大統領の200兆円の復興支出は不要と主張するのもこの刺激が多きすぎて収拾がつかなるなるリスクのほうが大きいからであります。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  4. 4

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  5. 5

    ワクチン接種の60代女性が死亡 ワクチンとの因果関係は不明

    ABEMA TIMES

    03月02日 19:53

  6. 6

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  7. 7

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  8. 8

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  9. 9

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。