記事

【コロナ死者50万人の衝撃】

アメリカで新型コロナウイルスの感染よる死者が22日(月)にも50万人に達するそうです。

バイデン大統領が哀悼の意を示すためにキャンドルを灯す式典に出席するということです。

[画像をブログで見る]

WSJは、アメリカで21日、新たな感染が5万6000例となり、死者も新たに1200人増えたと報じています。その結果、これまでにコロナで亡くなった人が約49万9000人となり、50万人に迫っているということです。

寒波でワクチン接種の遅れが出たものの、これまでにアメリカ国民の13%が少なくても1回の接種を受けたとのことです。

一方、オーストラリアが22日、ワクチン接種を始めたとも伝えています。

人口2500万のオーストラリアにはファイザーとビオンテックが開発したワクチン14万2000回分が先週届き、今週中に6万人が接種を受けるということです。

オーストラリアは今月16日にアストラゼネカが開発したワクチンも承認していて、近く接種を始める計画で、10月末までに全国民分のワクチンを用意するとしています。

Washington PostはNew case numbers drop to levels not seen since the fall as U.S. death toll nears 500,000(アメリカのコロナ死者が50万人に近づくなか、新規感染者は去年秋以来の少ない水準)の中で、アメリカの新規感染者がワクチン接種や規制強化の影響などにより減少しているものの、死者の数は22日中にも50万人に達する見込みだと報じています。

それでも死者数は減っていて、前の週と比べると30%減少したということです。

バイデン大統領は22日の夕方、50万人の死者に哀悼の意を示すためにキャンドルを灯す式典にハリス副大統領とともに出席するそうです。

New York Timesは、アメリカでコロナ感染にる入院患者が21日現在で5万6159人となり、去年11月7日以来の低水準となったと報じています。

数値が改善している理由として、知り合いがコロナで死亡したのを見てマスクの利用やソーシャル・ディスタンシングが定着したこと、どの対策が有効かという知識が広がったこと、さらにワクチン接種の普及などを紹介しています。

ただし、もう大丈夫だという認識が広がったり、変異株が拡大したりすれば「第4波」も懸念されるとしています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由 ~ 50年単位で変遷してきたラジオ時代、テレビ時代、インターネット時代と政治 ~

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  4. 4

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  5. 5

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

  6. 6

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  7. 7

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  8. 8

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  9. 9

    鈴木宗男氏「国会はスキャンダルを取り挙げる場ではない」

    鈴木宗男

    02月26日 17:42

  10. 10

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。