記事

総務省接待問題の、総務省による調査は形だけの出来レース

今日、衆議院予算委員会で質疑に立ちました。

菅総理の長男、菅正剛氏が関わっている、総務省への接待問題について取り上げました。菅総理に、自らの長男に関わることだけに、しっかり疑念を晴らす答弁をしてもらいたいという期待がありました。

しかし、菅氏は長男との間でどのようなやり取りがあったのか、「総務省での調査に任せる」と述べるばかりで、自分から説明しようとは相変わらずしませんでした。

その総務省での調査も、今日の総務大臣、官僚の答弁を聞いていると、極めて怪しい感じがしました。

武田総務大臣の答弁のラインはこうです。会食の際放送業界全般についての話はあったかもしれない、その中で東北新社のグループ会社(衛星放送事業者)についても話が及んだかもしれない、しかし行政を歪めるような不適切な働きかけはなかった。

全く同じような答弁を、今日出席した、接待を受けた官僚も口を揃えて述べました。

さらに言うと、原総務省官房長が、菅正剛氏に聞き取った内容として答弁した内容も、全く同じものでした。

つまり、総務大臣、接待された官僚、接待した菅正剛側ともに、全く同じ答弁ラインで、口裏合わせをしているとしか思えません。

総務省による今回の接待案件についての、総務省としての調査報告は、明後日24日に出てくるということです。そこにどのようなことが書かれているのか。

今日の答弁で口を揃えて言われていたようなことが、そのまま書かれているに違いありせん。

そこまでして、菅総理の長男による接待を組織としてかばい、「行政は歪められなかった」という結論にしたいのか。

接待を行ったことも、それを受けたことも悪質ですが、それをこのようにして両方で組織的に隠蔽をしようとしていることもさらに悪質です。

そしてそれを認めようとしている菅総理の、何とも言えない国民感覚とのズレは驚くばかりです。

あわせて読みたい

「菅首相長男の接待問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  3. 3

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  4. 4

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  5. 5

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  6. 6

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  7. 7

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  10. 10

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。