記事
  • ロイター

ECB、国債利回り上昇「緊密に注視」 対応余地ある=総裁


[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は22日、 国債利回りのこのところの上昇を「緊密に注視」していると述べた。

ユーロ圏国債利回りは米国債利回りの上昇を反映し、年初から上昇。ECB当局者はこれまでのところ、名目利回りは必ずしも適切な指標にはならないなどとして重要視しない姿勢を示してきた。ただここにきてインフレ調整後の実質利回りも上向き始めたことで、ECBが先ず口先介入、続いて国債買い入れ増額で対応せざるを得なくなるとの観測が出ている。

ラガルド総裁は講演で「金融政策の伝達経路の下流で起きていることを早期に反映する指標となるため、リスクフリーのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)金利と国債利回りは特に重要だ」とし、「ECBは長期的な名目国債利回りの展開を動きに注視している」と述べた。

その上で、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の枠はまだ約1兆ユーロ残っており、ECBには「まだかなりの対応余地と柔軟性」が残されていると指摘。パンデミック(世界的大流行)が収束するまで良好な資金調達状況を維持すると改めて確約した。

ラガルド総裁の発言を受け、ユーロ圏国債利回りは大きく低下。独10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)低下のマイナス0.35%。朝方の取引ではマイナス0.278%と、8カ月ぶりの高水準を付けていた。イタリア10年債利回りも約4bp低下の0.58%。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  6. 6

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  7. 7

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  8. 8

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  9. 9

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  10. 10

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。