記事

『あつ森』ではなく『サイバーパンク』がゲーム雑誌の「ゲーム・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞した理由 「ゲーム・オブ・ザ・イヤー2020 BEST&超クソゲー」#1 - 林 和弘

1/2

 ステイホームが呼びかけられた「巣ごもり生活」の中で、例年以上にゲームに触れる機会の多い1年だった2020年。毎年「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を開催している雑誌『CONTINUE』編集長の林和弘氏に、そんな2020年の「ゲーム・オブ・ザ・イヤー BEST&超クソゲー」について聞いた。(全2回の1回目/#2に続く)

【写真】この記事の写真を見る(5枚)


©️iStock.com

◆◆◆

「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」とは何か?

――『CONTINUE』さんは毎年「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」という企画をやってますけど、ランキングはどうやって決定されてるんですか?

 もともと『CONTINUE』は『超クソゲー』っていう単行本から派生した雑誌なんですよ。『超クソゲー』はその名の通り、ゲームメーカーへの忖度もなくクソゲーを面白おかしく紹介した本だったので、そこからゲーム雑誌を創刊するにあたって、同じように毎年、その年に一番面白かったゲームと……まあ、言っちゃうとクソだったゲーム(笑)を勝手に決めちゃおうと思ったんですね。それが「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」の始まりです。

 毎年、編集部とレギュラー執筆陣が集まって夜通しでランキング決定座談会をやるんですけど、昨今の状況もあって、2020年は初めてZoomでのリモート開催となりました。第1回目は2000年で、その年はコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『真・三國無双』がベストゲームの第1位になってますね。

――「勝手に決める」っておっしゃってますけど、ゲームメーカーからの反応とかあるんですか?

 いくつかはあって、たとえば2004年にベストゲームの第1位に選んだ『メタルウルフカオス』はフロム・ソフトウェアの方に喜んでいただいて、当時の公式サイトにコメントを寄せたことがありましたね。

 あとは2002年、当時は海外版のプレステ2でしかプレイできなかった『Grand Theft Auto:Vice City』をベストゲームの第1位にしたんですけど、その記事を、たまたま来日したロックスター・ゲームスのメンバーが目にして「日本のゲーム雑誌で第1位になってるぞ!」「俺たちのゲームは日本人にも受け入れられる!」という確信を持った、という話をロックスターの方から直接聞いたことがありますね。

「明智光秀はドMである」で一点突破した『THE 落武者』

――じゃあ、クソゲー部門にクレームが来る、というようなことは……?

 これも、いくつかはあって(苦笑)、夜中にとあるメーカーの広報の方から電話がかかってきて「読みました……残念です」みたいなことを言われたりとか。

――いやいや、それは(苦笑)。

 でも、実際に記事を読んでいただけるとわかるんですけど、僕たちが毎年選んでるのは「クソゲー」ではなくて「超クソゲー」なんですよ。アタマに付いてる「超」というのがポイントで、これは単行本の『超クソゲー』でも同じなんですけど、僕たちは単に面白くない、出来の悪いゲームは取り上げないんです。それは、単純に気の毒なゲームですから(笑)。

 僕たちが取り上げる「超クソゲー」というのは「どこかしら突き抜けた魅力を持ったゲーム」のことなんです。「一点突破しているゲーム」というか、「この仕様、誰か止めなかったのかよ?」っていうような特殊な面白さを持ったゲーム(笑)。たとえば2007年に「超クソゲー」部門で第1位になった『THE 落武者』っていうゲームがあるんですけど。

――タイトルからして、すごいですね。

 このゲームの主人公は明智光秀なんですけど、光秀が落武者狩りと戦いながら宿敵・豊臣秀吉の打倒を目指すんです。途中、敵から攻撃を受けると弓矢とか刀とか槍とかが身体中に突き刺さりまくるんですよ。それで全身ハリネズミみたいな状態でプレイをしていたら、いきなり「怒獲武(ドえむ)神」が降臨して敵をブン殴りまくれる、という(笑)。

――それは斬新ですね(笑)。

 公式設定では「怒獲武(ドえむ)システム」って名付けられてるんですけど、とにかく「明智光秀はドMである」っていう一点突破で成立してるゲームなんですよね(笑)。『THE 落武者』は「SIMPLE2000」っていうシリーズの1本なんで値段は2000円なんですけど、もう、2000円でこれだけ笑えたら確実に元が取れる。だから、毎年そういったゲームを積極的に評価しよう、というのが「超クソゲー」部門ですね。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

  9. 9

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  10. 10

    『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

    NEWSポストセブン

    03月05日 16:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。