記事
  • ロイター

午前の日経平均は反発、半導体や景気敏感株がけん引


[東京 22日 ロイター] - 午前の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比232円91銭高の3万0250円83銭となり、反発した。前週末19日の米国株市場はおおむね横ばいの動きとなったが、日本株は朝方から堅調に推移、一時上げ幅は400円を超えた。フィラデルフィア半導体指数の上昇を受け半導体関連株が堅調な値動きとなったほか、景気敏感株も米市場での好調を引き継ぎ上昇し相場をけん引した。

TOPIXは0.77%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2612億円。東証33業種中、精密機器、その他製品、食料品、医薬品以外の29業種は値上がり。空運業、非鉄金属、金属製品、海運業などが値上がり率上位に入った。

市場からは「日経平均は3万円を回復して以降、高値圏で利益確定売りの動きもみられる。きょうは新規材料に欠ける中、祝日を前にポジション調整や利益確定売りが重しとなる可能性も高い」(国内証券)との声が聞かれた。

「次の材料としては3月17日のFOMC(米連邦公開市場委員会)が極めて重要だ。それまでは、日米の株式市場に不安材料はないとみているが、目先の手掛かり材料は乏しく一段の上値追いは限られるのではないか」(同)という。

個別では、東京エレクトロン、SCREENホールディングス、アドバンテスト、SUMCO、信越化学工業など半導体関連株がしっかり。

その他、J.フロント リテイリング、松屋など百貨店株も堅調。ワクチン普及への期待から小売業で買い戻しの動きが活発になった。

東証1部の騰落数は、値上がり1676銘柄に対し、値下がりが450銘柄、変わらずが65銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  7. 7

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  8. 8

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  9. 9

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。