記事

カントリー・スタディ ロシア 2/3

1957年から1987年までのソ連の経済はいわゆる5カ年計画に基づいて運営されてきました。そこではゴスプラン(国家計画委員会)が全国レベルでの生産目標を立て、それに基づいてコルホーズ(kolkhozy)、ソホーズ(sovkhozy)などに代表される下部組織が地方レベルで各々の生産目標を立てるわけです。

この計画の実施の為に約70の政府機関が設置され、素材から完成品まであらゆるレベルでの生産が監督・監視されました。

資源や人材の配分は政府が決定し、価格はあくまでも帳簿上の記録の為に存在し、西側の市場経済のように物価が資源や人材の配分を自然に決定するということはありませんでした。

政府は需給関係ではなく、政治的配慮からものの値段を決めてゆきました。例えばパンや電灯光熱費は実際にそれらを生産するコストより低く価格が設定されました。この為、穀物よりも最終製品であるパンの方が安いので農家が家畜に飼料ではなくパンを与えるということも平気で行なわれていたそうです。

そういう非効率に加えて労働者のモチベーションを維持するのが困難であったこと、さらに価値の分配に際していちいち監督・監視しなければいけないので経済の「間接部門」が肥大化したことなどが徐々にソ連の計画経済を活力の無いものにしてしまったわけです。

1985年に書記長に就任したミハイル・ゴルバチェフはこうした現状に限界を感じ、ペレストロイカ(政治および経済の改革)、グラスノスチ(情報の公開)などの改革を提唱し、沈滞するソ連経済の梃入れを試みます。

しかし、1986年に起こったチェルノブイリ原子力発電所の大事故などもソ連の求心力を弱める結果となり、1989年11月にはベルリンの壁が崩壊、ソ連邦に属していた国々は続々と連邦を離脱します。1991年8月には一連の改革に反対する共産党の保守派が画策したクーデターが起こります。つい2ヶ月前にロシアの大統領に選出されたボリス・エリツィンはモスクワの議会を取り囲んだ戦車の上によじ登り、クーデターが違法であるという演説をしました。この時は民主主義を望む国民の感情の機微をエリツィンが鋭く察知したエリツィンが危機一髪で改革を救った格好になったわけです。

しかし、1991年頃のロシア経済は大変差し迫った状況にあり、砂糖、ミルク、食肉などあらゆる食料品、そして生活必需品が店頭から消えました。エリツィン大統領は状況打開の為に大きな博打を打つ決心を固め、経済学者のガイダールを副首相に任命し、市場経済への移行のプランを全て一任します。

ガイダールはロシアでも有名な共産党幹部の家系に生まれ、一家が海外の任地に駐在させられたことなどから普通のロシア人には許されていない西洋の書物などに接する機会がありました。ガイダールはアダム・スミスやポール・サミュエルソンの著書に触れるうちにソ連の経済がいずれ取り返しのつかない危機に瀕することを予感し、早くから有識者の集いを組織します。

ソ連の取るべき新しい経済政策はどうあるべきかを討議する非公式なシンポジウムは既に1986年から毎年開催され、後に国家企業の民営化の責任者となったアナトリー・チュバイスなど新しいロシアの経済を動かしてゆく中心的な人物の多くがこのグループから輩出されます。

その後、ガイダールは共産党の機関誌である『コミュニスト』の経済記事の編集者に任命されたことから、検閲を心配することなく新しい経済の在り方について論陣を張ってゆきます。従って1991年11月にガイダールが副首相に任命され、ゴスプラン(国家計画委員会)の総責任者になった時点では既に市場経済以外にロシアを救う道は無いということをガイダールは確信していました。

問題は計画経済から市場経済への移行を具体的にどう進めるか?ということです。そのアプローチとしては段階的に徐々に市場経済を導入する方法と、共産主義の枠組みを即、解体して、いきなり市場経済へ移行する、所謂、「ショック療法」という方法が議論されました。

今から振り返って見ると、徐々に市場経済に移行するという選択肢は「時すでに遅し」で実際には存在しえなかったように思われます。「ショック療法」の影響はそれまでベールに包まれていたソ連経済の内包する病理を全て一度に曝け出してしまうというものでした。1999年までにはロシアの経済規模は10年前の約半分程度迄縮小し、この過程でロシア国民が味わった辛苦は1929年のNY市場の大暴落に端を発する大恐慌の時以上だったと言われます。

「ショック療法」の施行第一弾として1992年1月から電灯光熱費や一部の食材を除く殆どの品目に関して価格統制が取り払われました。当然の結果としてその直後、ロシアはハイパー・インフレに見舞われます。価格の値上がりを容認する狙いは退蔵されている商品を市場に引き出し、物資の不足を解消すること、また、儲ける機会を提供することで生産を刺激することにありました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  10. 10

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。