記事

ワクチン接種、いよいよ始まる!

 新型コロナウイルスの感染が始まってから1年余、ようやく2月17日から医療関係者からワクチン接種が始まった。今のところ順調に進んでいるようだが、今後3月中旬までに公的病院関係の4万人、3月中旬から一般の医療従事者370万人、4月から重症化しやすい高齢者3600万人、6月から高齢者施設従事者200万人と基礎疾患のある方820万人と、順次接種が実施される予定である。

 今懸念されているのは、第一に既に承認済みのファイザー、まもなく承認されるアストラゼネガ製のワクチンなどが予定通り提供されるかどうかである。製造工場のあるEUでは同地域への供給に遅れがあってはならないと「輸出管理」を行っており、このためある程度の遅れを生じる可能性がある。またワクチンごとの保存温度が違うため、どの会社のワクチンがどのくらい供給されるかにより、接種現場の対応が変わってくるため、準備する自治体は相当気を揉んでいる。

 懸念の2つ目は、ワクチンの副反応である。効き目については、先行事例のイスラエルで肯定的な結果が出ている。副反応も20万回に1回ということであり、接種現場に「エピペン」(アナフィラキシー治療剤)などの準備がされていれば、早急に対応できる。しかし20万分の1という数字はあくまで海外の事例であり、日本人の反応についてはまだデータが十分ではない。先行接種する医療関係者のうち2万人を経過観察して、万全を期していく。

 懸念の3つ目は、接種の現場対応がスムーズに行われるかどうかである。ほぼ国民全てに接種するという前代未満の大プロジェクトのため、実施主体の自治体の戸惑いは大きい。したがって成功事例や優良事例を自治体間で情報共有することが大切だ。また接種したかどうか、2回目はいつどこで摂取するかなどの個人情報が適切に管理されることが不可欠である。しかし国も自治体もマイナンバーをはじめとするデジタル化に着手したばかりであり、手作業も含めた急拵えの対応になりそうだ。

 懸念の4つ目は、接種を終えた人々がそれまでの自粛を解除して活発に動き出し、まだ接種していない人々との間でトラブルや新たな偏見・差別が起きるのではないかという点である。加えて様々な理由で接種が出来ない方(現時点では妊娠している女性など)や、接種を拒否している方も生じるため、問題はより複雑になりがちだ。したがって大方の国民が接種を終え、集団免疫が出来る頃までは、一定の自粛を継続し相互理解を深める必要がある。

 なお新型のウイルスによる感染症の拡大は、今後も起こりうる可能性が十分にあり、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」の教訓を忘れず、一過性の対応にしてはならない。今後も医療提供体制の強化や、各機関の間の連携、デジタル化による個人データの適正管理、さらには生化学分野の研究開発の足腰強化、製薬会社の薬品開発能力の充実に万全を期さなければならない。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  2. 2

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  3. 3

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  4. 4

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  5. 5

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  6. 6

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  7. 7

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  8. 8

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  9. 9

    ワクチン接種の60代女性が死亡 ワクチンとの因果関係は不明

    ABEMA TIMES

    03月02日 19:53

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。