記事

大坂なおみ選手 再び全豪優勝 おめでとう!

女子テニスで、世界ランキング3位の大阪なおみ(23)は、昨日20日、メルボルンで行われた四大大会大1戦の全豪オープンシングルス決勝で、24位のジェニファー・ブレイディ(25)(米国)を6-4、6-3で下し、2年ぶり2度目の優勝をしました。

四大大会制覇は、2018年と2020年の全米オープンと合わせて、4年連続4度目となりました。

この結果、世界ランキングも2位に上がりました。

大坂なおみは、試合後「見に来てくれてありがとう。私の前回のグランドスラム(全米)は無観客でのプレーだった。みなさんからエネルギーをもらうことには本当に多くの意味があります」と語りました。

今年の大会は、コロナの影響で、1月の予定が2月に延期され、選手たちは入国後、2週間の隔離生活を義務付けられました。

大会中も、開催地がロックダウンになり、13日から5日間は無観客に、18日から再び観客数を制限して行われました。

今回のなおみさんのプレーを見ていて、精神的に強くなり安定していた印象をもちました。以前なら崩れるような場面でも冷静にプレーし、とまった蝶を丁寧に安全な場所に置いてやるなど、余裕を感じました。

この1年間、心技体を磨いて、ハードコートでは無敵の21連勝ということです。指導を受けているウィム・フィセッテコーチとの相性もよいそうで、チームなおみの支えも大きかったようです。

また、プレーだけでなく、マイノリティー、女性など社会的に弱い立場の人たちへの優しさ、勇気あることばは、多くの人を勇気づけていると思います。

人種差別に抗議して、黒人被害者の名前が入ったマスクをつけ、昨年の全米オープンでは、注目を集めました。

その時に「私はアスリートである前に黒人女性」と主張して、多くの共感の声が広がりました。

最近も、森前会長の女性蔑視発言を「少し無知な発言」と語り、橋本聖子会長誕生に「女性にとっての障害が除かれるために、女性の会長はとてもよいこと」と歓迎しています。

人としても大きく成長しているなおみさんに、今後も期待したいと思います。

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。