記事

「財政の崖」とマーケットのシナリオ きちんと理解されていないそのインパクト

「財政の崖」問題がなぜマーケットにとって脅威なのか、そのインパクトは特に日本の投資家にはよく理解されていません。そこで今日は「財政の崖」の何が問題なのか? そしてそれがマーケットに与えるインパクトに対して僕が考えているシナリオについて述べます。

「財政の崖」とはブッシュ大統領時代から続いてきた諸々の不況対策プログラムが今年年末で相次いで終了することを指します。

それらのプログラムの延長の合意がなければ、一時的にGDPはマイナスになると言われています。GDPを▼4%押し下げる効果があると主張するエコノミストもいます。すると現在の米国のGDPは大体+2%程度で推移しているので、ザックリ言ってGDPが-2%になるというわけです。(これについては異説も多いです。僕はGDPへのインパクトは重視していません)

今後のシナリオとしては二つあります。

先ず「財政の崖」が回避され、不安感が払しょくされたときに相場が反落するというシナリオ

よく「相場は不安の壁を駆け上る」といいますが、今、投資家はいずれ回避されるであろう「財政の壁」問題の解決を一足先に織り込みたくて、ウズウズしているわけです。このように若し足元の相場が高いのであれば、「相場は知ったら、しまい」で、グッドニュースがもたらされたときが売り場になります。

次に「財政の崖」が回避出来ず、相場が下がった後で買い場が来るというシナリオです。

なぜ「財政の崖」回避という良いニュースが相場にとってマイナスかというと、「財政の崖」回避のためには増税が不可避だからです。

増税の少なからぬ部分は裕福層ならびに株式投資に対する課税です。だから「財政の崖」回避は悪材料なのです。

次に12月末までに合意に達せられず、自動的に財政の削減がキックインした場合も、政府支出が瞬間的に大幅に下がるのでGDPには大きなマイナスになります。

その場合、短期的に相場は荒れると思います。ただ長期的にはそれはプラスです。

増税や株式市場の混乱はドル高要因だと思います。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  4. 4

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  7. 7

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  8. 8

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。