記事

スマホ依存の理由はドーパミンか 情報を得る快感から抜け出せない

スマホで、脳内伝達物質・ドーパミンが分泌(写真/GettyImages)

《時間の無駄だとわかっていても、私たちはスマホを手放すことができない。ソファに座ってテレビのニュースを観ていても、手が勝手にスマホに向かう。ポケットからスマホを取り出すたびに、自分の意思で取り出したと思っているならそれは大間違いだ》

 これはスウェーデン出身の精神科医・アンデシュ・ハンセン氏が『スマホ脳』(新潮新書)で記した一節。スマホをはじめとしたデジタル端末の持つ人体への影響について言及した同書は、世界13か国で翻訳され、大ベストセラーになっている。

 初のデジタル改革担当大臣が誕生し、公立小中学校の全生徒にタブレット端末が配布される計画も進行中。コロナ禍でデジタル接触時間も伸びるいまこそ、海の向こうからの警告に耳を傾けたい。

ドーパミンは新しい情報が好き

 スマホは私たちの最新のドラッグである──。センセーショナルな言葉とともにハンセン氏がまず指摘するのはスマホが持つ強い依存性だ。ハンセン氏によれば私たちは1日に2600回以上スマホを触り、平均して10分に1度スマホを手に取っている。ほぼ一日中、いかなるときもスマホを手放せない状況といっても過言ではない。

「スマホ依存」の危険性は日本でも再三にわたって指摘されている。特に車や自転車を運転しながらメールやSNSの返信をする「ながらスマホ」に伴う事件や事故は社会的な問題となっており、その件数はここ5年で1.4倍増加している。

 死に至る事故を起こす可能性があると知りながらも、私たちはなぜスマホから手を離すことができないのか。認知症の専門医で「もの忘れ外来」を開設する奥村歩さんはその理由を「ドーパミン」にあると分析する。

「スマホをタップして情報を得ることでドーパミンが分泌される。ドーパミンは脳内伝達物質のひとつであり、分泌されることで快感や興奮が得られます。依存症は、手っ取り早くドーパミンが分泌され、その快楽が得られる状態から抜け出せないことで起きるのです」

 ハンセン氏の研究によれば、ドーパミンが最も活性化するのは未到の地や未知の人、足を踏み入れたことのない環境など「新しいもの」に対峙したときだという。この「新しいもの」への欲求こそが人間を突き動かし、数々の発明や文化の発展を生み出したといえるが、いまやその欲求はスマホに吸い取られてしまっているのだ。

※女性セブン2021年3月4日号

あわせて読みたい

「依存症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  4. 4

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  5. 5

    ワクチン接種の60代女性が死亡 ワクチンとの因果関係は不明

    ABEMA TIMES

    03月02日 19:53

  6. 6

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  7. 7

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  8. 8

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  9. 9

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。