記事

風邪薬頼みの落とし穴

前回の続きです。

風邪症状が出たときに、「風邪薬でも飲んでなんとかしよう」としている方がいたら、是非今回の記事も読んでください。

一般的な風邪の原因はウイルスですが、それらウイルス性感冒に対する特効薬がないことは前回書いたとおりです。

市販の風邪薬を飲む意義はあくまで、解熱、鎮痛などの症状緩和です。

風邪薬を飲んだからといって、感染の原因であるウイルスに効く訳ではありません。

飲んでも早く良くなる、ということはないのです。

今回はこの風邪薬愛好家が陥りうる落とし穴を紹介します。

一つは、風邪の原因が一般的なウイルス性の物ではなかった場合です。

たとえば、風邪のような症状を起こしうる重要な他のウイルスには、インフルエンザ、HIV、がありますし、これだけではありません。

こういった場合には風邪薬などではなく、特殊な抗ウイルス薬が必要であったり、他にも特別な対応が必要になります。

もちろん、細菌感染の場合も困ります。

風邪薬ではなく、原因菌に応じた抗生物質の選択が必要です。

他にも、白血病やリンパ腫など、他にも風邪の様な症状から始まる重篤な病気はあります。

風邪薬でとりあえず済ませる、という方針を取る場合、実は他の重い病気だった時に困るのです。

二つ目は、スティーブン・ジョンソン症候群 の存在です。

これは、風邪薬などの薬の成分によるアレルギーのようなもので起こる病気ですが、最悪の場合、命を落します。

薬疹、と呼ばれる薬が原因の湿疹の酷いものとイメージしてください。

皮膚や粘膜を侵し、高熱が出ます。

皮膚、眼や口の中がただれ、失明することもありますし、重篤化すると命に関わるような怖い病気です。

風邪自体はほっとけば治ったはずなのに、飲んだ風邪薬が原因でこの病気になってしまうこともあるのです。

そういった意味で、普段簡単に薬局やスーパーで買うことのできる風邪薬にもリスクはあるのです。

安易に風邪薬には頼らず、流行の風邪のような軽い症状であれば栄養をとって安静に努め、症状が強い、もしくは何か異様であったら病院に行く、というのが一番無難のように思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。