記事

総務省接待疑惑にかかる、総務省、事業者側からの説明の変転

総務省の接待疑惑について、総務省担当者の答弁が次々と修正されています。

菅総理の長男、菅正剛氏との会食が問題となっているわけですが、菅正剛氏が国家公務員倫理法に定める「利害関係者」に当たるかについて、二転三転したあと、今日「利害関係者」だと認めました。

さらには、その会食の場で、菅正剛氏の方から、具体的な放送事業に関する話題が出たかについても、当初総務省側は「出たという記憶はない」としていましたが、週刊誌の報道を受け、今日「そのようは話が出たと受け止めている」と修正しました。

また、菅正剛氏側についても、当初、総務省からの答弁では、「通常の意見交換あるいは親睦」と説明したされていましたが、今日報告されたところでは、週刊誌報道にあったように、放送事業に関することを話したのは「自分だ」ということでした。これまでの説明が覆ったわけです。

菅総理は、これまでの国会答弁で、自分の長男、菅正剛氏と電話で話した時に、調査にはきちんと協力するようにと話している、と述べていました。しかし、その菅正剛氏の当局への説明もひっくり返ってしまっているのが現実です。

この現状に対して、菅総理としてはどう説明責任を果たすつもりなのか。

本件においては、行政の中立性と公正性が厳しく問われています。

来る月曜日の、13時51分から14時33分まで、衆議院予算委員会において質疑に立ちます。

そこで、本件について、菅総理として行政の中立性・公正性を回復するべく、どう説明するのか。しっかりとした答弁を求めていきたいと思います。

あわせて読みたい

「総務省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  3. 3

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  4. 4

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  5. 5

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  6. 6

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  7. 7

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  8. 8

    選挙のために「消費税廃止」を訴える野党は、国民を騙しているだけだ

    PRESIDENT Online

    03月04日 14:20

  9. 9

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  10. 10

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。