記事

横浜の住宅街に日本屈指の“スーパーマーケット天国”が…「港北ニュータウン」の魅力を徹底ルポ! - 菅原 佳己

1/2

 スーパーが密集しているエリアのことをメディアは「スーパー激戦区」と呼びますが、買い物する側から見れば、そこは「スーパーマーケット天国」(スーパー天国)。そんな「スーパー天国」のひとつが、東京から電車で1時間、約21万人の暮らす横浜市都筑区に開かれた港北ニュータウンにあるのです。その核となるのは「タウンセンター地区」のセンター北駅とセンター南駅間の約1km。この2駅間のエリアに大手スーパーが林立しています。

【写真】この記事の写真を見る(19枚)

赤丸箇所にスーパーが位置。地図に表示されていない周辺地域にも多くのスーパーが密集している。©OpenStreetMap contributors

 ここ港北ニュータウンと同じ1965年に計画が始まった大規模ニュータウン「多摩ニュータウン」には、定番のスーパーが数店点在する程度にもかかわらず、なぜ港北ニュータウンにはこんなにも多くのスーパーが密集しているのでしょうか。人口数は市内18区中、10位の都筑区。人が多いからスーパーがたくさんあるというわけではなさそうです。では、一体いつから、そしてどうしてこんな「スーパー天国」に?

 実際にスーパーを巡りながら、「スーパー天国」エリアの実態を探ってみようと思います。

センター北駅の老舗「そうてつローゼン モザイク港北店」

 相模鉄道を「そうてつ」と呼び、横浜の駅ビル相鉄JOINUS(ジョイナス)で買い物を楽しみ、相鉄の運営する「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」でお食事……。そんな相鉄ライフをエンジョイする地元の人々にとって、スーパーといえば神奈川県を中心に店舗展開する「そうてつローゼン」。バラのマークの「髙島屋」の出資もあり、創業当時の名前「相鉄ストア」から、「そうてつローゼン(ドイツ語でバラの意)」に改名したのが1982年のこと。来年で創業60周年を迎え、地元住民からも熱い支持を集める由緒正しきスーパーが「そうてつローゼン」です。

 2000年3月、センター北駅前に開業した「モザイクモール港北 都築阪急」にテナントとして出店した「そうてつローゼン モザイク港北店」は、センター北駅~センター南駅周辺で最も歴史ある店舗です。特に「デパートに隣接するスーパーマーケット」という位置付けで、上質感のある品揃えが特徴となっています。

デパ地下との融合、立ち止まらせる演出

 モザイク港北店は、通路を挟んで阪急の食品売り場と向き合っているため、デパ地下とスーパーの区別のない不思議な空間です。通路のどこからでも店内に入れるレイアウトのため、商品が目に留まり立ち止まるように、キャッチーな商品を通路に向けて陳列しています。

 ウインドーショッピングしながら、ここでしか買えないようなワインやお菓子など「オンリーワン」な商品に出会える、まさに買い物を楽しむための店といえます。

 楽しんでいるのはお客さんだけではなさそうです。「拡大コピーして切って貼って…自分や女性スタッフの手づくりです」と話すのは廣瀬健・副店長。和気あいあいとした社内の雰囲気がこうした売り場づくりにも自然と反映されて、ここちよさが漂う店舗です。

 港北ニュータウンの計画には都市農業の確立と乱開発から農地を守る策も含まれていました。写真の4人は実際に港北区で野菜を生産している農家さん。新鮮な地場野菜を持ってきてくれるそうで、大都会のオアシスのような存在といえるのではないでしょうか。

 落ちついた店内も時間帯によっては混雑する人気ぶり。世代を問わず食にこだわりをもった人たちに選ばれている頼りになる「そうてつローゼン モザイク港北店」はセンター北駅の重鎮と言えそうです。

両駅の中間という空白地に出店! 正直者には福が来る「オーケー港北中央店」

 JCSI(日本版顧客満足度指数)調査スーパーマーケット業種で10年連続1位に輝くなど、盤石の人気スーパー「オーケー」。人々を惹きつける「高品質・Everyday Low Price」という経営姿勢は、1986年「高品質・お買徳」の基本方針に「Everyday Low Price」が加えられたものでした。奇しくもその年にオーケーは、港北ニュータウンに民活第1号として商業用地を取得していたのです。それが現在の「オーケー港北店」(1993年11月開業)で、同じ区内の「オーケー北山田店」(1999年12月開業)といっしょに港北ニュータウンの生活を支えてきました。

 しかしながら2店舗はセンター南駅とセンター北駅には近いものの、街の中心部からはやや外れており、駅と駅の中間地点への出店は地域の人々にとって悲願だったといいます。そんななか、ついに2009年1月、大型商業施設「ルララこうほく」の開業からほとんど間を空けることなく「オーケー港北中央店」がオープンしたのです。

 現金払い・スマホ決済で食料品がお得に買い物できる「オーケークラブ会員」の入会人数は544万人(2020年3月現在)。とにかくオーケーはファンの多いスーパーです。

「オーケーでは旬の果物の説明に、“はしり”、“たけなわ”、“なごり”を採用しているので、参考にしてみてください」と小林店長。

 実際に商品棚を見てみると、たとえば、なごりのみかんには、「最盛期に比べ小袋がやや厚めですが程よい酸味とコクのある甘さが楽しめます」と明記されています。「なごりのみかん、どうぞ」と、つい誰かに披露したくなります。

 地場野菜も並ぶ青果売り場にも工夫が。「横に広く並べると、お客様同士がぶつからずに同じ野菜を手に取ることができるんです」と小林店長。買い物のしやすさが店によって差があるのはこういう気遣いなのかもしれません。

 オーケーの代名詞、「オネスト(正直)カード」でオーケーファンになった人は多いはずです。例えば、この日のグレープフルーツには「相場が1割高となった理由」が書かれ、さらに「酸味があるので蜂蜜などの甘味料で使うこと」をアドバイス。買物客にとってとても嬉しいサービスの一つです。

 ディスカウントの競合店同様、子育て世代に支持されていますが、おしゃれな雰囲気の年配も多いオーケーの客層。それは“いいものを多く知る年代も満足できる品質”だという証ではないでしょうか。

 メガ盛りの総菜など派手な商品はありませんが、価格を下げるために無駄を削ぎ落とす企業努力にファンは賛同しているのでしょう。「本日限り」「数量限定」などで殺気立つことのない、「Everyday Low Price」という安心感。落ち着いて買い物できる環境こそ、失敗のない買い物をする近道です。

あわせて読みたい

「スーパーマーケット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  3. 3

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  4. 4

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  5. 5

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  6. 6

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  7. 7

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  8. 8

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  9. 9

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  10. 10

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。