記事

《朝井リョウ×遠野遥》平成生まれ初直木賞・芥川賞対談「“作家像”を押し付けられませんか?」 - 「文藝春秋」編集部

1/2

 1月20日に「推し、燃ゆ」で第164回芥川賞を受賞したのは、21歳の宇佐見りんさんだった。デビュー2作目での受賞、現役の大学生であることも大きな話題となっている。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 昨年7月には、遠野遥さんが28歳で同賞を受賞。朝井リョウさんが直木賞を受賞したのは2013年、23歳のときのことだった。いずれも“平成生まれ初”の受賞となる。

 若手作家にますます注目が集まるなか、“平成生まれ初”直木賞、芥川賞受賞者による初めての対談が実現した。

◆ ◆ ◆

遠野 宇佐見さんは新人賞を同時受賞してデビューした、いわば同期作家なので、芥川賞の受賞はとても嬉しいです。宇佐見さんの第一作『かか』、芥川賞を受賞した第二作『推し、燃ゆ』ともに何歳で書いたとしてもすごい作品であることには変わりないんですが、年齢に注目して騒ぐ人も一定数いますよね。

 朝井さんが直木賞を受賞されたとき「平成生まれ初」や「戦後最年少」などと騒がれましたが、周りの反応はどうでしたか。


遠野遥氏

朝井 当時、私は会社員1年目でしたが、受賞翌日、ある同期から初めてランチに誘われたんです。祝ってくれるなんて嬉しいなと思っていたのですが、食事中、なかなか直木賞の話題にならない。照れているのかと思っていたら、食後、「今日は、朝どうやって起きてるのか教えてほしくて誘ったんだよね」と言われたんです。

遠野 どういうことですか?

朝井 彼は直木賞のことなど知らず、苦手な早起きについて相談したかっただけだったんです。受賞会見で大量のカメラに囲まれた翌日のことだったので、私はまだフワフワしていたのですが、彼のおかげで現実に戻れました。外の世界は何も変わっていない。あの会見や一連のセレモニーは、ものすごく閉じられた世界の出来事なのだと気付けました。

遠野 受賞翌日、そんなことがあったんですか。出版界にとっては大きなイベントですが、世の中には文学の賞自体に全く関心がない人も結構いますよね。

あわせて読みたい

「芥川賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  4. 4

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  5. 5

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  6. 6

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  7. 7

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  8. 8

    山田真貴子内閣広報官の留任→入院→辞任。責める側に問題があれど、菅内閣の危機管理はあまりにお粗末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月02日 08:27

  9. 9

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。