記事

日本のキャラクターとコラボ続々 ファッションブランドが異色の商品を売り出す狙いは

2/2

ブランド側がキャラクター人気に頼る傾向は続く

2000年代半ばごろまではアニメや漫画・特撮などは「サブカルチャー」と呼ばれていました。メインではなく、サブのカルチャーだというわけです。ファッションは1970年代~2000年代半ばまでの盛り上がりによって広く憧れの的のような存在でした。

しかし、その後、デフレの深刻化や大手ブランドの破綻・凋落、百貨店の低迷によって、存在感が希薄になり果ててしまいました。

現在だと全年代に広く知られているブランドは「ユニクロ」「ジーユー」「しまむら」くらいでしょう。あとはそれぞれ少数のコアなファンが支持しているだけに過ぎず、各々が「村」になっているような印象です。

そうなると「ユニクロ」「ジーユー」などの一握りのビッグブランドを除けばファッションの方が「サブカルチャー」化しており、全年代の知識が共有化されているアニメなどが「メインカルチャー」化しているといえます。そうなると、アニメ・漫画に頼らざるを得ません。

BLOGOS編集部

一昨年から大ヒットしている「鬼滅の刃」ですが、ユニクロ、ジーユー、ライトオン、ジーンズメイトなど一体いくつのブランドがコラボ商品を発売しているのでしょう。明らかに「服を売るためには鬼滅人気にすがるしかない」というような状況です。

また次なる大ヒット作と目されている「呪術廻戦」も早々にアダストリアやライトオンなどからコラボ服が発売されています。

アニメが「主」でファッションが「従」という風潮は国内外ともに今後永く続くのではないかと見ています。

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

  9. 9

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  10. 10

    『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

    NEWSポストセブン

    03月05日 16:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。