記事

結果論だが、前回の事故の時点で廃業していれば・・・との思いを消せず

すいません、旅のタグとはまた違うんですが、旅というのもリスクがあるという意味あいをこめてこのタグにしました。

過日、万里の長城で日本人客3人が遭難死したツアーを主催したアミューズトラベルが廃業となることが決まったとのことです。記事はこちら

アミューズトラベル、廃業へ 万里の長城遭難で信用失う
朝日新聞デジタル 12月5日(水)13時45分配信

 【堀川勝元、工藤隆治】中国の「万里の長城」で日本人客3人が遭難死したツアーを主催したアミューズトラベル(東京都)が、廃業を決めたことが4日、同社への取材でわかった。社会的信用を失い、事業継続は困難と判断した。会社は残し、遺族への補償や観光庁の事故調査に対応する。

 アミューズ社は2009年、北海道・トムラウシ山で8人が遭難死したツアーも主催していた。板垣純一総務部課長は「2度目の事故で社会的信用を失った。今後さらに落ち込みが予想される。社会的な責任を取る意味もある」と話した。

 アミューズ社は3日、旅行業の廃止届を国土交通省に郵送した。20日付で廃業する予定で、全従業員約50人を解雇する。板井克己社長を含む役員3人は残り、遺族に廃業や今後の対応を説明する。「ご遺族には真摯(しんし)に責任を果たしたい」としている。従業員には廃業を伝えたという。

朝日新聞社
引用した記事でもお分かりのように、この会社は2009年にも主催したいわゆるツアー登山で8人もの方が亡くなってしまった事故を起こしています。wikipediaの記事によりますと・・・。

総じて言うと、この遭難事故は「気象遭難」に分類されるものであり、(天候判断のミスおよび撤退判断の遅れ・欠如などにより)厳しい気象条件下に晒される状態に陥り低体温症を引き起こしたことが主な要因である[9]。その原因・要因をもう少し詳細に分析すると、アミューズトラベル社のリーダーやガイドによる天候判断のミス[9]、および、同リーダーやガイドが早めに引き返す決断をしなかったミス[9]、リーダーやガイド同士の(にわかづくりのチームで互いにあまり面識がなく、おまけに事前の打ち合わせもしなかった者同士の)現場での連携不足・協議不足[9]、アミューズトラベル社がリーダーやガイドに対して一応文言上は「現場では安全優先」と言っていたものの実際には経済優先のプレッシャーを感じさせ安全後回しになってしまう環境を放置していたこと[9]、アミューズトラベル社がガイド役らの選定を適切に行なわなかったこと[9]、アミューズトラベル社がツアー参加希望者の中から参加者を登山力量に応じて選ぶやり方が甘かったこと(経験不足の登山客をツアーに参加させない判断をしなかったこと)[9]、ガイドらが現場で(朝に山小屋等から出発する前などに)ツアー客に対して出すべきであった 着用すべき防寒着の種類などについての指示の不足・確認不足[9]、ツアー客自身の登山に対する自覚不足や遭難対策の不足[9]、参加者全員の 低体温症に対する無知・認識不足(ツアー客らは全員低体温症を知らず自分がその状態になっても(概念すら知らないので)自覚せず、ガイドらも その詳細を知らず、あっけなくその状態に陥るものだという認識が無かったこと)[9]等々の要因・原因が重なって起きた事故である。

とあります。この事件については、単行本も刊行されましたので、興味のある方はお読みください。

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)
画像を見る

私は単行本を持っていますが、文庫本も出ていたんですね。文庫本のほうが最新の情報にアップデートされているでしょうから(すいません、未確認です)、こちらのほうをAmazonでリンクしておきます。

で、私、中国のこの事故を知った時かなり驚きました。事件もさることながら、トムラウシ山のツアーの会社がまた同じような事件を起こしたということに相当な衝撃を受けたのです。

夏とはいえ北海道の大雪山系の山と秋の北京近郊とではいろいろ状況は違うかもしれませんが、どうもどちらも引き返すべき時に引き返さなかったのがまずかったのかなと思います。

上の驚きは、表裏一体ですが、この会社があれだけの事件を起こしてまだ営業をしていたということでもあります。そして今回の万里の長城の事件はついには致命的にまずかったということです。前回の事件でもじゅうぶん致命的ですが、さすがに今回はどうにもならなかったというものでしょう。

それでですよ、これは結果論ですが(しかし結果論だから・・・というので議論するのを避けるには、あまりに事態が重大だと思います)、トムラウシ山の事件の際にこの会社が廃業していたら、万里の長城の事件は起きませんでした。

たとえば長距離バスの事故なんかですと、ある会社のバスが事故を起こしたとしても、それはその会社特異な問題というよりは、多くの似た会社があり、その中の1つが事故を起こしたと解釈するのが妥当でしょう。

でですよ、このアミューズトラベルの場合はというと・・・。

私は正直こういった中小の旅行会社が催行するツアーの実態に詳しくはありませんが、ツアー登山であれだけの事故を起こした会社がそのたった3年後に今度は海外で同じような事件を起こしている、ってのは、かなりこの会社特有の問題があったと解釈すべきなのだろうなと思います。少なくとも深夜バスの事件よりは、この会社独自の問題があったと思います。

そうするとねえ、やはり、前回の事故の時会社をたたんでいればなあ・・・と考えても仕方ないことを考えてしまいます。万里の長城のツアーも、当時のツアー日程表を見て家族と「ちょっと強行日程だねえ」と話しあったものです。やはり日程消化と予定消化のために、そうとう無理にいろいろなことを強行したのでしょう。トムラウシよりこちらのほうが、はるかに宿泊施設その他も近いわけですし。

ともかく、あらためて被害者の方の冥福をお祈りするとともに、しっかり補償がされることを願って今日の記事を終えます。また、今回の記事は、inti-solさんの記事を参考にいたしました。感謝を申し上げます。

あわせて読みたい

「万里の長城」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  8. 8

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。